2010.09.10

これでパーティースタイルは完璧!写真と一緒に紹介する女性の服装~結婚式~

おめでたい友達の結婚式。幸せな二人を盛り上げるために、ゲストも華やかに着飾りたいもの。
しかし、ただ派手にすればいいというものではありません。そこには様々なルールが。
恥をかく前に、きちんとポイントを押さえてパーティを楽しく盛り上げましょう!

衣装

主役である花嫁のウェディングドレスとかぶってしまうため、白やアイボリーの衣装は厳禁。白系以外のカラーの、ドレスやワンピースが一般的です。丈は膝が出ない程度のもので、肩が露出するようであれば、ストールやカーディガンなどを羽織って。その場合素材は綿や麻ではなく、シルクやサテンなど、光沢のあるものを選んだほうがよりラグジュアリーな印象に。
 
  


または、スーツでもOK。
未婚者の場合、振袖を持っているなら、場にまた違った華を添えることができるので、ぜひ着ていきましょう!

衣装に合った色を選びましょう。ヒールは最低3センチ以上の高さで、オープントゥのタイプは避け、つま先が隠れるパンプスかバックストラップつきの靴を選んで。
素材はサテンやエナメル、皮などのカジュアル感がなく、エレガントなシルエットの靴にしましょう。

アクセサリー

スーツの場合はビジネスっぽくならないよう、アクセサリーやコサージュなど小物でパーティ感を出すよう心がけて。デイリー使いするアクセより、ちょっとゴージャスかな、というくらいがちょうどいいでしょう。

パールを使ったアクセサリーは、年齢を重ねても使え、品のある印象になるのでおすすめ。

衣装が黒の場合は、明るい色のコサージュやストールで華やかなスパイスをオンして。
          

バッグ

財布、携帯、ハンカチが入る程度の小さなハンドバッグタイプのものを選びましょう。スパンコールやベロアなど、光沢のある素材の方がパーティ感があり、いいアクセントに。

そしてお化粧ポーチやカメラ、また忘れてはいけないお祝儀など、他に持っていくべき荷物を入れるために、サイドバッグとしてもう少し大きめのカジュアルでない手提げバッグか、高級ブランドのショップバッグを一緒に持つようにしましょう。

すべての荷物を一つにまとめるような大きなバッグは、パーティに適しません。

ドレスコードを「平服で」と指定されたら!

やはり白以外の、カジュアル過ぎないワンピースかスーツが一般的です。

最後に

当日は、新郎側のご両親や親族の方も列席しています。新婦を立てるためにも、友人であるあなたがきちんとしたパーティスタイルで出席することが大切です。
幸せな二人の新たな門出を、ゲストが華となってみんなでお祝いしましょう!
関連キーワード

関連記事