2014.07.26

百年の恋も冷める!女子が気をつけたい「うっかりミス」4選


「百年の恋も冷める」という言葉を聞いたことがありますか?
どんなに好きになった相手でも、冷めてしまう瞬間があるということですが、その瞬間は意外と身近にあるかもしれません!
男性へのインタビューから、私たちがうっかり犯してしまっている4つのミスが見えてきました。

1.おじさんみたいなくしゃみ

「すっごい可愛くて、本当にお嬢様という感じの子と付き合った時に、デート中に『へっくしょん』というような大きな声で、おっさんの様なくしゃみをしたので『えっ…』と思っていたらもう一度同じようなくしゃみをしてきました。見た目とのギャップもあって完全に引きました。」(26歳/広告)

くしゃみの正解なんてあるのでしょうか?と思うところですが、少なくとも大きな声のくしゃみなど、豪快なものはNGなようです。
また、くしゃみをする時には、誰しも変顔になってしまうので、顔を見せないようにするのもポイントです。

2.低い音の咳や痰

「電話をしている時に、彼女が『ちょっと待ってね』というので待っていたら電話口から『ゴホンッゴホンッ』とおじさんのような咳が聞こえてきたました。
電話に戻って来た彼女に『どうした?お父さんでも来た?』と聞いたら、『えっ?来てないよ。なんで?』と言われ、『いや、おじさんの咳が聞こえたから…』と言ってしまい、気まずくなったことがあります。」(22歳/学生)

女性だって喉に痰が詰まったり、風邪気味で喉のイガイガが取れなかったりといろんな状態の時があります!と言いたくなりそうですが、男性にとっての女性の理想の咳は「コホッコホッ」と言った感じでしょうか?
「ゴホンッ」というおじさんのような咳が出そうな時は、男性に聞こえないところに隠れたほうが良いかもしれません。

3.他の男性との比較

「『私今までこんな恋愛してきました』とか『前の彼はこんなことをしてくれた』というのを教えてくる女。あれって、同じようなことをして欲しいという気持ちが隠れているのは見え見えだけど、できることとできないことがある。
そんな風に扱って欲しいなら、そんなことをしてくれる人と付き合えば?と思う。」(27歳/出版)

経験豊富な方はつい「あれ?前の彼と違う…」という気持ちや「ここ嫌だな」というのが目につきがちです。でもそれを彼に伝えるのはNG。
昔の恋愛や他の男性との比較を、彼に伝えることのメリットはないと考えて良さそうです。

4.「なんでもイイ」と言っておいてのダメだし

「何食べたいか聞いても『なんでもイイ』という元カノ。どこ行きたか聞いても『なんでもイイ』と。だから俺が選んで連れて行ったら『ここ、美味しくないね』とか『ここに来るなら、あっちの方が良かった』と文句ばかり言うので、もう彼女のために何かしようという気持ちがなくなりました。」(24歳/商社)

確かにこれは逆の立場でも嫌ですね。「なんでもイイ」と言ったからには、感謝するのが礼儀。
もし、彼のお店選びがいつもイマイチだったとしたら、今度は自分で選ぶくらいの気持ちを持ち、決して批判はしないように注意。

おわりに

いかがでしたでしょうか?心当たりがあるという方も多いのでは?
特にくしゃみや咳では、日頃の癖が出てしまうので、好きな人や彼がいないところでも意識しておく必要がありそうです。こうして考えていると女子って大変ですね!

(栢原陽子/ハウコレ)

関連記事