いつまで経っても本命彼女になれない女子の特徴・4つ


世の中には、「この人となら今すぐ結婚してもいいな」と思うくらい魅力的な男性もいれば、セックス目的で声をかけてくる男性もたくさんいます。そんな軽薄な男性はきっぱりはっきり断れればいいのですが変に期待してしまって、フラフラと誘いに乗ってしまう女子も少なくないはず。

声をかける男性にも問題はありますが、簡単にフラフラとついて行ってしまうのも困りモノ。弄ばれてしまう不運を防ぐためにも、今回はそんな「本命彼女になれない女子」の特徴を調査してみましたので、ご紹介します。

1.自分に自信がない

「自分に自信のない女子は、変な男に引っかかりやすい。男も『この子なら誘いに乗りそうだな』と声を掛けてくるから、そういう意味で隙があるんだと思う」(24歳/男性/製造)

仕事に不満があったり、人間関係が上手くいっていなかったりと、人はそういうときに自信喪失しているものです。だからといって異性の誘いにすがってしまっては、いつまで経っても自分に自信はつきません。相手が変な男だった場合、傷つくのは自分なので断る勇気を持つこと。そして自分ひとりの足で立っていける自信をきちんと身に付けましょう。それが女子としての魅力に繋がります。

2.他人の意見に流されやすい

「自分の意見を言うのが苦手な子かな。大人しい性格に多いと思うんですが、そういう子って周りから仕事を押し付けられても断れないことが多い。男性にすればいいカモですよ」(26歳/女性/IT)

大人しくて優しい女性は、さらに要注意かもしれません。声をかけられると「断りづらいから」と、ズルズルと雰囲気に飲まれてしまっては、相手もどんどんとつけあがる一方です。悪い男ほどそれを分かってやっているので、日頃から言うべきことはきちんと言う癖をつけること。そこで遠慮してしまうと、ますます相手の思うつぼになってしまいます。

3.恋に一生懸命になっている

「誕生日プレゼントをあげたり、手料理を振る舞ってあげたり、男に尽くす女の子。片思いの段階でそれをやっちゃうと、男は鬱陶しいと思う。好かれているとわかる分、追いかけたくなくなるのかな」(25歳/男性/メーカー)

本命相手なら“高嶺の花”と呼ばれる女性でも、果敢にアプローチをして追いかけるのが男性の本能です。これはモノと同じように、簡単に手に入ってしまうと「価値が低い」と感じてしまうためです。言い換えればセフレや2番目の女ですね。なので、安易に自分を安売りしないこと。それよりも自分の魅力を見せつけて、彼を惚れさせるような女性を目指しましょう。

4.恋人の「ように」仲がいい

「先にセックスしちゃったら、いくら恋人のように仲がよくても彼女には昇格できないと思う。男性にすれば『セックスできて楽しいし、恋人関係になる必要ある?』が本音だから」(23歳/女性/販売)

体を許すタイミングが早いほど、相手にとって軽い女に見られるだけです。セックス後、どんなに仲のいい関係に進展したとしても、なんだかんだ言って“性欲のはけ口”としか相手を見ない男性は多いもの。一度セックスしてしまうと、恋人はおろか友達としてもまともに関係を築けないので、体を許すタイミングは重々用心しましょう。

おわりに

これらの特徴を持っているうちは、どんなに見た目や性格が良くても、女子としての自分の魅力が半分も活かしきれていないかも……。どうして私には彼氏が出来づらいのか、どうして私はいつも変な男に引っかかるのか。悩みが尽きない女子は、ぜひこの機会に自分自身をよく見つめ直してみましょう。

(柚木深つばさ/ハウコレ)