2014.07.29

やっぱり魅力的!「料理好きな男」を育てる5ステップ


料理好きな彼と付き合うメリットは、自分で作らなくても良いので、外食した気分で飲んで食べて、そのままその場で寝てしまえることや、一緒に作ることを楽しめるという嬉しい点があります。でも、料理好きな男子に出会おうと思ってもなかなか難しいものです。

そこで、今回は、料理好きな男子を育てよう!という思いから、料理好きな男性に、料理を好きになったきっかけを伺ってきました。

1.何を作るかは一緒に決める

「料理をしようと思ったきっかけは、男性芸能人が料理をしているのをTVで見たからなんですけど、彼女に『これ作ってみようかな』と言ったら、『それを作るんだったら、こっちのやり方の方が簡単かも』とアドバイスをくれて、それでやってみたら料理って案外簡単なのかも、と思ったのがきっかけです。」(26歳/商社)

彼がいきなり難易度が高そうなものにチャレンジしてしまったら、彼にとって料理が面倒なものになり、失敗に繋がる可能性が高いので避けた方が無難です。手順が少ないもの、材料が少ないものから始めるのがオススメです。

2.一緒に買い物に行き、好きな食材を選んでもらう

「今、同棲してる彼女がいるんですけど、彼女はいつも冷蔵庫にあるもので料理をしているみたいなんですけど、俺は全然そんなのできなくてレシピ通りにやってます。でも、『冷蔵庫にあるものを使って!』とか言わないで、一緒に買い物に行って、好きなものを買って料理させてくれるので、レシピ通りにできて結構楽しんでます。」(27歳/航空)

食材の買い物は料理の一部ですが、そこを一緒にすることで、デート感覚を楽しむことができます。他にも、食材を指定するのではなく、彼に好きなものを選んでもらうことによって、制限をつけずにレシピを選んでもらうことができます。

3.作っている間は見ない・口を挟まない

「彼女が風邪で寝込んだ時に作ってあげようと思ってやり始めてのがきっかけで、それ以来たまに作ってますが、彼女は俺が作っている間はそっとしておいてくれるのでやりやすいです。多分、ダメなところもたくさんあるだろうけれど、俺が聞かない限りは口を挟まないので、自由にやらせてもらっています。」(25歳/貿易)

自分の好きにやってみたいと思うことはいろいろな面でありますよね?料理に関しても、事細かに指示されるよりも、彼なりのやり方を尊重してあげた方が楽しめるようです。もちろん、聞かれた時に的確なアドバイスができるように自分の腕を磨いておくことも忘れずに!

4.できたことをとことん褒める

「彼女の誕生日に、特別なことをしたいなと思って料理をしました。そしたら、特別美味しいわけではなかったと思うけれど彼女は、作ってくれたことが嬉しいとすごく喜んでくれて、その嬉しそうな姿をまた見たいなと思って、時々作るようになりました。」(24歳/金融)


まずは、味の美味しさ云々よりも作ってもらうことが嬉しいと伝えることが大切なようです。彼が料理をすることによって、こんなに喜ぶ人がいるんだよと伝えることが、彼を料理好きに育てる秘訣と言えそうです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?「料理は面倒、苦手」という意識を持っている男性も多いですが、「彼女が喜んでくれるならやってもイイかな」という気持ちを持つ男性は多いようです。また、「料理が上手な男性はモテるよ」という言葉を付け足すことも、効果的なようです。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事