2014.07.28

「わかっていても止められない」不倫から抜け出す4つの方法


ダメとわかっていても止められない恋もあります。相手に恋人がいたり、結婚していたり。相手が結婚していなければまだチャンスはありそうですが、結婚している場合には、一緒に将来を描くことは難しくなります。でも、先がないと分かっていても、止められないときもありますよね。

そんな時に試してみて欲しいことを、不倫経験のある女性に「これで不倫から抜けました!」という方法をインタビューして来ました。

1.行動を変えてみる

「不倫だと、好きな時に会うことができず、一人で過ごす時間が多く、彼のことばかり考えていました。でも、好きな人ともっと一緒にいていろんなことを共有していきたいなと思うようになり、会わない期間を設けて、なるべく彼のことを考えないようにして、習い事を始めたり仕事を頑張ったりと行動を変えました。
そうすると別れても平気かなと思えるようになったんですが、相手に合わせるのではなく、自分で決めたことが気持ちを変えさせてくれたのかもしれません。」(27歳/化粧品)

相手に振り回されている間は、相手に主導権があり相手のペースにのまれています。自分から、なかなか会えない環境を作ることで、自分がその恋の主導権を握っていると考えることができるようになり、その恋を終わらせるという決定権も湧いてくるようです。

2.新しい相手を探す

「不倫をしている時は、常に相手に合わせて動いていました。でも、このままではダメだと思い、新しい相手を捜すことにしたんです。不倫相手ほど好きになれるかはわからなかったけど、恋をし始めのドキドキに任せて新しい相手を選ぶことにして、不倫から抜けることができました。」(26歳/秘書)

人は新鮮なものに魅力を感じます。新しい恋をすれば、その新鮮さを味方にすることができ、終わらせたいと思っていた恋を捨てて、新しい恋を選び幸せになることができるようです。

3.将来の恋人のことを考える

「ドラマを見ていた時に、不倫をしている娘に向かって父親が『そんな自分を大切にしていない行為、将来、おまえの旦那さんになる人に対して失礼だ!』と言っている場面があって、気づかされました。
口ではいろいろ嬉しいことを言ってくれるけれど、彼にとって私は結局2番目なんだと。そう考えると、『私は2番目でもイイんです』と考えることは、将来私を1番に思ってくれる人ができた時に失礼なんじゃないかと思ったんです。」(25歳/アパレル)

将来あなたのことを1番に考えてくれる相手が現れた時、あなたが他の男性から2番目の扱いを受けていたことを知ると悲しむのではないでしょうか?不倫の経験が彼にばれないにしても、自分の中には経験が残るので、大切に想ってくれる彼に対して申し訳ないと思う日がくるかもしれません。

4.他の人にしたことは自分に返って来ると考える

「すっごく好きな人だったんですけど、偶然彼の奥さんと子供の写真を目にすることがあって、『あー、私は、この人たちを騙しているんだ』と思ったらその関係を続けられなくなりました。」(24歳/事務)

既婚者との恋愛は、彼の奥さんや子供の幸せを奪っているということです。良いことも悪いことも誰かにしたことは自分に返って来るという言葉がある通り、不倫をするなら、将来自分にもその悲しみが返ってくるかもしれないということは心得ておいた方が良さそうです。

おわりに

いくら「不倫はダメ」と頭でわかっていても止められない時、考え方を変えてみたり、行動を変えてみることで、ほんの少し違った視点を取り入れることができるかもしれません。幸せになれる確率の低い不倫を続けるよりも、将来を一緒に考えられる相手を探してみませんか?

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事