2014.07.28

[PR]21歳も若く見える!?驚きのコスメの正体とは?


突然ですが、この写真の女性いくつに見えますか?

リサーチ会社が行ったアンケート結果では「見た目年齢」の平均が29歳だったこの女性、実年齢はなんと50歳なんです! とても見えませんよね……。
ここ最近、「35歳以上の実年齢に見えない才色兼備の女性」を“美魔女”という言葉でよく耳にします。確かに最近のアラフォー女性は、年齢より若く見える人が多いです。
歳を重ねても、見た目が実年齢より若く見える人というのは、どの女性にとっても憧れの存在なのではないでしょうか?


若く見える秘訣とは?

では、どうすれば年齢よりも若く見せることが出来るのでしょうか?

2013年11月に健康コーポレーション株式会社が実施した「年齢の割に若く見える芸能人」調査によると、1位は永作博美、2位は野際陽子、3位は深津絵里がランクインしています。
選出理由として「肌が綺麗」「お婆ちゃんなのに肌がツルンとしている感じ」「ぱっと見、しわがない」など、“肌が綺麗であること”に若さを感じるという声が多数挙げられています。

若く見えるためのポイントとして、やはり肌ケアはとても重要だと言えるでしょう。


今からのスキンケアが大切!

周りの同世代の女性達の中で「なぜ、あなただけそんなに若いの?」と言われるためには、今からのスキンケアが大事になってきます。
まさに、“美は1日して成らず”。
同世代の友人と比べても、「少し老けて見られる」という方は、今からケアをすることで10年後に差をつけることができます。
そのために、今からしておくべきことは何か?
10年後に、同世代の友人と見た目年齢に差をつけられる、今からできる簡単ケアをご紹介したいと思います。

オールインワンゲルを使うだけ!


その方法が、たった1本のオールインワンゲルを使うだけでOKだとしたら……試さないわけにはいかないでしょう!
これまでに、50万人以上の愛用者の93%が満足しているというメディプラスゲル。実際に使用すれば、10日間でその効果の高さを実感できるというオールインワンゲルを愛用している方の中には、20代にしか見えない50歳の方もいらっしゃいます。
重ねた年齢をリセットすることは、絶対できません。
ただ、その年齢より肌年齢を若く維持し、若く見られる年の重ね方をすることは可能なのです。
肌年齢を若く保つためには、ケアのスタートも早いほうが効果UP!
10年後の自分へのプレゼントとして、ぜひ試してみてください。

関連記事