2014.07.30

たまには聞いてあげても・・・?実は彼氏が切望しているエッチなこと・5つ


とくにエッチ初心者のうちは、彼の前で裸になったり、あれこれとエッチなことをするのが恥ずかしいと思います。
でも、恥ずかしがってばかりいたら、カップルでエッチを楽しめないですし、愛も深まっていかないですよね。
今回は、女子が拒否したら「男子が超ガッカリする」エッチなことについて、何人かの女子にお話をお聞きしてきました。
さっそくご紹介しましょう。

1.シックスナインで女子が上に乗る

「シックスナインのとき、ずっと私が下でいたら、彼が『お願いだから上になって』と、しつこく言ってきました」(20歳/大学生)

男子って、女子が見せたくないところを見たいと思っている生き物です。見たからどうなのか? といえば、とくにどうということもなく「ああ、こういうものを持っているのね」というだけの感想だったりします。美しく言えば、愛する女子のすべてを見て愛でたいと思っているのが男子ということです。

2.ローション塗らせて!

「彼、ドンキでローションを買ってきて、私とローションプレイをしたかったようですが、私が恥ずかしがっていたら、そのうち土下座して『ローション塗らせて!』と言ってきました」(23歳/OL)

ローションはもともと加齢によってうまく濡れない人への潤滑剤として開発されたという説もあります。日本ではローションといえば風俗店を想像するひとも多いと思いますが、本来は愛を深めるアイテムとして存在するのがローションです。使うと使わないとではかなり雰囲気が変わりますから、マンネリ化してきた時なんかは、いいと思いますよ。

3.脇舐めさせてよ!

「私の彼は脇舐めが好きみたいで、私が『脇なんか、恥ずかしいから見せるわけないじゃん!』と怒ったら、ショック受けてました」(23歳/飲食)

脇は恥部ですと豪語した女性お笑い芸人さんがいますが、女子の気持ちをよく代弁しているのではないかと思います。
しかし、男子は女子が隠したいところこそを見たいと思う生き物です。ほかの男には見せていないけど、オレだけが見ている! という優越感に浸りたいのが男子です。
というようなところから脇を彼に見せるのかどうするのか、考えてみてはいかがでしょうか。

4.アソコ舐めてもいい?

「アソコを舐めるとか舐められるって、なんか恥ずかしくないですか? 交際1ヶ月の彼に舐めたいと言われて全力で拒否っていたら、彼、ちょっと冷たくなりました」(20歳/大学生)

エッチ初心者の定番の悩みかもしれません。そのうち、堂々と舐めたり舐められたりするようになるので大丈夫です。エッチにおける恥ずかしさと気持ちよさって、たいていの場合、気持ちよさが勝つ……というのが人類共通の価値観だろうと思います。

5.明るくしてアソコ見せてよ

「無理に決まっているやろ! と思いつつ、暗い部屋でエッチをして3ヶ月が経ちますが、彼『もう限界だから見せてよ』と半泣きでした」(20歳/飲食)

男子が、なぜ全力で女子を口説いてくるのか? いろんな理由がありますが、ひとつは「こんなかわいい顔をしてどんなものを持っているのか、知りたい」ということです。好きになれば男子的に絶対に見たいもののひとつは女子のアソコです。

おわりに

いかがでしたか?
諸説ありますが、女子も30歳くらいになって、女性ホルモンが徐々に減ってくれば、男性ホルモン優位になって、年下男子が拒否っているのに、見せてよ! と迫るひともいるそうです。
カップルで「見せる/見せない」でモメているうちが華ですから、キャッキャと駆け引きやりとりを繰り返しながら、楽しいエッチをしてみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事