2014.07.30

出題範囲は「大好きな彼」!覚えておきたい彼のデータ・5つ

みなさんこんにちは! 恋愛コラムニストの斉田直世です。

試験などで必要とされる「暗記力」。実はこれ、恋愛においても欠かせない能力なのです。「歴史とか暗記系は苦手~」という人も多いかもしれませんが、範囲が「大好きな彼」となれば、いくらでも覚えておくことができるはず。彼の好みやクセを覚えておくことで、「よく気がつく子だな」、「俺のこと、わかってるな」と思ってもらえ、グッと距離を縮めることができますし、長年付き合っている彼女でも、「かゆいところに手の届く女」として、より大切にされるかも。

というわけで今回は、これだけは覚えておきたい彼の暗記ポイントを5つご紹介します。

1.誕生日

人から何度も誕生日を尋ねられると、「この人は、私の話を覚えてない=私に興味がない」と考えてしまいませんか? 誕生日、血液型、干支など、他の人と混同してしまいがちな個人情報は、一度聞いたら、すぐにスケジュール帳に書き込むようにしましょう。

2.タバコの銘柄

彼がスモーカーなら、タバコの銘柄も覚えておきたいところ。銘柄によっては、似たようなパッケージが数種類あるので、こっそり実物の写真を撮っておくのも良いかもしれません。彼のタバコが少なくなってきたなと思ったら、コンビニに寄ったついでに、「買っておいたよ」とさりげなく渡してあげたりすると、とても喜ばれます。

3.コーヒーの好み

自宅はもちろん、カフェやラブホテルなど、時折訪れるコーヒーを淹れる場面。そんなとき、ブラック派なのか、カフェオレ派なのか、使用するミルクや砂糖の個数と一緒に覚えておけば役立ちます。コーヒーが苦手という彼には、紅茶や緑茶を出してあげる気遣いを。

4.オススメ作品

彼が会話の中で名前を出した、書籍や映画、音楽なども、覚えておくと後々使えます。「前に話してた○○、本屋さんで見かけたから読んでみたよ」、「オススメしてくれた○○の曲が、ちょうどカフェで流れてた」などは、メールするキッカケとして便利ですし、趣味を共有することで会話も弾むはずです。

5.お疲れポイント

「ちょっと喉の調子が悪くて」、「最近、飲みすぎで……」など、彼が口にした体の不調も重要な暗記ポイント。その情報をもとに、栄養ドリンクを差し入れしたり、「そういうときは、こういう食べ物がいいんだよ」と、デート中の食事のメニューを提案してあげたりしましょう。

おわりに

もし、暗記力に自信がなければ、すぐにメモをとる癖を。と言っても、いちいち胸元からメモ帳を取り出して書き込むのはあやしすぎますから、ここは是非、携帯のメモ機能を活用してみてください。デート中は、お化粧直しなど彼から離れるタイミングで、「コーヒー ミルク2個 砂糖ナシ」など、ササッと打ち込んでおきましょう。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事