2014.08.04

【七曜星風水】癒し&悩み解消には「月のパワー」を使おう


星のパワーを最大限に引き出して運気アップを目指す「七曜星風水」。
今回は、女性と深くつながっている「月」についてお話しします。

あなたは、「自分に自信がもてない」とか、「同性(母や姉妹や女友だち)との関係がギクシャクしてしまって…」なんて、悩んでいませんか?
そんな時には〈月のパワー〉を、しっかり受け取りましょう!

1.月ってどんな星?

太陽の光を受けて、青白く光っている月。
月がつかさどる曜日は、月曜日です。

月は地球のまわりを回る衛星で、地球よりずっと小さいけれど、潮の満ち干にも生命の誕生にも大きく関わっている、だいじな星。
そのうえ、女性の月経(生理)周期や、ホルモン分泌にも影響を与えているんです。このように月は、その姿の美しさや女性への影響の大きさから、女らしさの象徴とされています。

今かかえている悩みを解消したい方や、心身の疲れを癒されたい方は、風水で月のパワーを取り込みましょう!

2.ラッキー・インテリア

北の方角や日の当たらない場所は暗くなりがちですが、そこへ部屋の照明を反射するように鏡を置くと、明るくなるだけでなく〈月のパワー〉も受け取りやすくなります。

その鏡だけでなく、窓や家具のガラス部分、テレビの液晶画面やツルツルしているモノなど、顔や姿がうつるところはピカピカにみがいておくこと。ホコリがたまったり、くもったままだと、心の中にモヤモヤが生まれがちです。

きれいに光っていれば、自分に自信がもてるようになり、相手の欠点をゆるす心のゆとりも生まれます。
もし、鏡や窓にヒビが入ったり一部が欠けていたら、新品と取りかえましょう!

そして、「お風呂」「キッチン」「洗面所」「洗濯機置場」をはじめ、水回りのお掃除をマメにすること。水を使う場所が汚れていたら、女性の家族や友人との仲がうまくいかないからです。ここをスッキリ清潔にしておけば、そんな悩みも消えていきます。

3.運気アップ・アイテム

月を象徴する白やシルバー色などの、水回りで使えるモノが幸運をまねきます。
たとえば、銀色に光るタワシ、シルバーのスプーン、白いタオルやマットなど。白いカバーの間接照明も、やわらかい光で〈月のパワー〉を感じやすくなる開運アイテムです。
また、貝や魚をはじめ、海の生き物の形をした置き物や、きらきら輝く水辺の絵とか写真を水回りに飾るのもおすすめ。

4.ナイス・アクション

平日の朝、顔を洗ったら鏡に向かって、にっこり笑いかけてみましょう。
最初は自然な笑顔でなくても、そのうちだんだん気持ちが明るくなってきますよ。朝からいい気分だと充実した一日になり、人にやさしく接することができるでしょう。

ただし、月曜日は神経が鋭くなって疲れやすい日ですから、無理しないで早めに帰宅し、ハーブ湯などでゆったり心身の疲れをとりましょう。

そして、家でくつろぐ休日は、月の花・ジャスミンや白百合の生花を、水回りに生けてみてはいかが?
いい香りが水回りにただようと、人にいえない悩みや気疲れが癒され、ゆらぎやすい心も安定します。天然の花の香りですから、芳香剤などよりずっと気持ちがよくて、内面から深く癒されるのです。

また、月のキーワードは、安くてカジュアル/日用品/新製品など。水回りの雑貨や備品を買いかえる場合、高級品を買う必要はありません。新しければ安いモノで十分です。
新製品の売出しキャンペーンで、お試し価格になっていたら、それこそ月のお買い物チャンス!

おわりに

〈月のパワー〉は、とてもマイルドなので、はじめのうちは効果が実感しにくいもの。「ちょっとピンとこないな?」と思っても、しばらく続けてみてください。やさしく、じわじわ効いてきますよ。

(隆速治沙/ハウコレ)

関連記事