2010.09.13

革と布を組み合わせたアイテムの洗濯法

後頭部に革のベルトが使ってあるキャップや、持ち手やマチなど部分的に革をあしらったキャンパス地のバッグ。どうしても布の部分が汚れます。洗いたいけど、布に革の色が移って、まだら模様のシミができたり、革の部分が毛羽立ってしまいそう…いいえ、大丈夫、心配ありません。ちょっとした工夫で、家庭でも簡単に洗えるんですよ。

用意するもの

  • オシャレ着洗い用の洗濯洗剤
  • 洗濯用ネット
  • タオルハンカチまたはタオル
この3つだけ。タオルハンカチは洗いたいアイテムの革部分が隠れるサイズのものを用意してください。バッグの持ち手ならフェイスタオルくらいの大きめサイズが必要です。

革部分をガード

タオルハンカチを革の部分が完全に隠れるようにギュッと強く巻きます。

タオルと革が滑ってうまく巻けない場合、先にタオルハンカチを湿らせておくと、滑り止めが利いて巻きやすくなります。

         

ネットに詰める

タオルハンカチで革部分をガードしたアイテムを洗濯ネットに詰めます。この時、洗濯中に水流でタオルハンカチが外れてしまわないように、小さめの洗濯ネットにギュウギュウに詰めてください。

洗濯機で普通に洗う

洗濯機にオシャレ着洗い用の洗濯洗剤を入れ、普通に洗います。水流調節ができる洗濯機なら弱流で洗いましょう。型崩れとシワを防ぐために、脱水は短めの1分程度でストップします。

干し方

脱水が済んだら速やかに取り出し、タオルハンカチを外します。濡れている状態のまま、布地の脱水ジワを手のひらで叩いて伸ばします。

バッグは形を整えて平干しにするか、持ち手を離して竿かハンガーにかけます。ファスナーやポケットがついていればすべて開けて、風通しをよくしましょう。

         


キャップは頭囲に合う大きさのボールに被せるか、丸めたタオルを詰めて、頭に被っている形にして干してください。

         


日光による布地の黄ばみや革の変色を防ぐために、直射日光は避けて干しましょう。

関連記事