恋愛成就の一歩目!男子が「この子と気が合う!」と思う瞬間・5選


連絡先をゲットして、女友達まではこぎつけた!あとは、恋愛感情を持ってもらうだけなんだけど・・・そこが難しいんですよね。

そもそも、たくさんいる女友達の中から選んでもらうには、好きになってもらうとか、気になる存在になる以前に、「この子と気が合うな」と思ってもらわないといけません。
そこで今回は男子が気が合う!と思った瞬間を聞いてきました。

1.好きなものが似ている

「好きなスポーツとか、味の好みとか、そういう好きなもののが合うと、気が合うんだなって思う。そうなると遊びも誘いやすいし!」(19歳/学生)

「俺コレ好きなんだ~」「え、私も!」ってなった時のふたりって、周りの人を一瞬にしていない存在にするくらいの一体感がありますよね。

初対面の人と、趣味とか好きなものについて話すなんてお見合いみたいで恥ずかしいと思うかもしれませんが、ここで話が合うと俄然盛り上がりますし、好感度もアップします。イチかバチか、試してみる価値アリみたいです。

2.自分の話で笑ってくれる

「俺の話でウケてくれたら、コレはかなり嬉しい!単純に笑ってる子が好きっていうのもあるけど、笑いのツボが同じだから気が合いそうだなって思う。」(21歳/学生)

一緒に話している相手が笑ってくれていると、なんだか好意が感じられて嬉しい気持ちになりますよね。
ゲラゲラと爆笑する必要はありませんが、男子がちょっとウケ狙いのような話をしていたら、声を出して笑ってあげることって優しさなのかもしれませんね。

ちなみに、「面白いね」という言葉は、男子にとっては大好物の「すごいね!」などの“褒め言葉ジャンル”に属す言葉なので、ドンドン使ってみましょう。

3.長男・長女系と末っ子系の組み合わせだった

「僕は長男なんだけど、彼女が末っ子ってわかったとき安心した。長女・長男って甘え下手だから、この組み合わせは上手くいかないなって思ってたからさ。」(20歳/学生)

「お兄ちゃんがいそう!」「一人っ子っぽい!」というような予想って、当たることが多くないですか?
育ってきた環境が子供に与える影響は大きいのかもしれませんね。長女・長男は大抵「甘え下手・面倒見がイイ」などの特長があり、末っ子に近いほうが「世渡り上手の甘え上手」。

そして一人っ子は「人見知りのくせに仲良くなると割とワガママになる」など、特長を備えています。だから、甘え下手の長女長男と、甘え上手の末っ子や次男次女の組み合わせだと「気が合いそう!」と前向きなイメージを持ってくれるみたいです。

4.あっという間に時間が経っていた

「ほぼ初対面のデートとかで盛り上がって、あっという間に夜になっていた時なんかは、この子とならうまくいきそう!って思う。」(19歳/学生)

何の話をしていたのか具体的には思い出せなくても、知らず知らずのうちに時間が経ってた!と驚いたようなデートはありますか?

もし一緒にいた彼が「もうこんな時間だよ!」なんて驚いていたら、好感触。ただ、いくら盛り上がってもドキドキ感がないと、いい友達止まりになることもあるそうです。

5.雰囲気が似ている

「特に何を話さなくても、なんとなく自分と雰囲気が似ている子っていますよね。そういう子にはやっぱり惹かれます。『縁があるな』と思う。」(24歳/IT)

気になる彼との恋愛成就を願うなら、雰囲気から似せるべきかも?確かに、雰囲気が似ているということは、生活習慣や普段いる環境、佇まいなど、総合的に似ているということ。

なんとなく自分と同じ雰囲気を醸し出されたら、気が合うと感じるのも無理はありませんよね。もしあなたに気になる彼がいるなら、まずは彼の真似っこしてみるといいかも?

おわりに

タイミング、ハプニングと合わせて「恋愛で重要な3つのing」のひとつ、フィーリング。「気が合うな」と感じてもらえれば、このフィーリングの関門をクリアできたといっても過言ではないはず。

まずは女友達のレースから頭一個出すことに集中しましょう!

(松宮詩織/ハウコレ)