2014.08.04

恋を逃してる!?男子に「うわ、ないわ・・・」と思われるFacebookの使い方・4つ


Facebookが一般的に使用されるようになり、Facebookを見れば相手の行動や人柄が簡単にわかってしまう時代になりました。自分が相手について調べようと思っている時にはとても便利に活躍してくれますが、相手からも同じように調べられる可能性があるということを忘れてはいけません!

今日は、男性に「こんな人とは付き合いたくない」と思ったFacebookの投稿についてインタビューしてきました。

1.彼との写真をアップする

「イイなと思う子ができた時に、Facebookで調べたら、前の彼氏との写真を結構アップしていました。元カレの顔が見えたり、どんなデートをしていてどんな所に行っているというのがハッキリわかってしまうと、気持ちが萎えることがあります。」(27歳/旅行)

以前、前の恋人の写真が残っていることが喧嘩につながるという話を聞いたことがありますが、今やネット上に残ってしまい、誰からでも見ることができる時代です。ラブラブな時は嬉しさのあまりアップしてしまうこともありますが、別れてもその記録が残ってしまうことは忘れずに!

2.彼に隠しておきたい性格もバレてしまう

「清楚なお嬢様系で可愛いと思っていた子のFacebookを見た時に、結構夜遊びしている写真が載っていたことがあります。そういう子がダメというわけではないけれど、お嬢様系のキャラとのあまりのギャップにどっちが本当なのかわからず、無いなと思いました。」(25歳/イベント)

もちろん、「全ての私を好きになってよ!」と思う気持ちもあるかと思いますが、まだ知り合って間もない時に、意外な趣味や性格を知るのと、仲良くなってから知るのとでは、受け取る側の衝撃度合いや気持ちが大きく変わってきます。

3.愚痴っていた過去

「よくFacebookに限らず、twitterとかでも、すごくグチっている子がいるじゃないですか?あれって励まして欲しかったり認めて欲しかったりする欲求が見え見えで嫌になります。そういう子とは付き合おうとは思わないです。」(23歳/学生)

SNSの中には親しい人たちも多いため、凹んでいる気持ちをアップすれば励ましの声がもらえることが多く、つい弱っている時にグチをアップしてしまったことありませんか?でも、グチばかり言っている人は周りから見てイメージが良くないので、グチりたい時は記録に残らないリアルな社会にした方が良さそうです。

4.豪華なお店にばかり行っている

「彼氏がいないと言っていて、可愛いなと思っていた子がいたんですけど、Facebookで友達になったら、彼女の給料では絶対行けないような、すごく高そうなお店にばかり行っていました。パパでもいるのかと思うし、自分はそんな所に連れて行ってあげることができなさそうなので、住む世界が違うなと思い、恋愛対象から外れました。」(26歳/広告)

派手で遊んでそう、お金がかかりそう、いつも相手が誰なのか不明など、世界が違うと思われると、モテるどころか男性が寄って来ないという状況になってしまうこともあるようです。

おわりに

Facebookは便利で楽しいものですが、ネット上で広まり多くの人の目に触れてしまうことや、簡単にコピペできるということから、一度アップしたものは基本的には消せないと思っておいた方が良さそうです。アップする前に一度、この写真や文章のイメージが自分に付いても大丈夫かなと確認してみることをオススメします!

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事