2014.08.04

カレがエッチを求めてくる回数が最近減ってしまった理由・4つ


タイトルを見て、「ドキッ」とした人も多いはず。というか、だからこそこの記事を開いたのだと思います。
じつはこれ、女子にとっては誰もが経験済みのカップルあるある。付き合いたてのころは、彼女のほうが「え、今日もするの?」って思っちゃうくらいに求めてきたのに、数ヶ月たつと「そういえば、減ったよね……」なんて感じてしまいます。

もしかしてワタシのこと好きじゃなくなったの……?カレに直接聞いてみてもホンネは教えてくれず「別に普通だよ」なんてはぐらかされてしまうでしょう。
というわけで今回は、20代男子20人に「彼女とのエッチが減ってしまう理由」について聞いてみました。

1.カラダに飽きた

「彼女とセックスをするのに飽きたってのが正直なところじゃない?
誤解しないでほしいけど、彼女のことが好きじゃなくなったわけじゃないから!」(公務員/25才)

「好きだから、エッチしたい」と思うのが、男子の恋愛感情の典型パターン。
だから男子は付き合いたてのころはその欲望を満たすためにエッチをしたがるんです。でも、だんだんとそれが「好きだから、ずっと一緒にいたい」とかの感情に変わってくるわけ。「好き」ってことは同じなので心配しなくてよさそうですね。

2.相手の気持ちを考えるようになった

「俺の場合、付き合ったばっかりのときは俺の好きなタイミングでしようとしてたなーと思って。だから今は、彼女がしたがってると思うとき以外はしないようにしてる。まあ、彼女のほうから露骨に求めてくることなんてほとんどないから、かなり減っちゃったけどね」(大学生/22才)

男子って、付き合ってる中で大人になっていくんですよねぇ。最初はホントに子供なんてです(笑)。
だから、エッチが減ったのはカレの成長の証かも?

3.疲れてそれどころじゃない

「今年から就職して、まじで疲れて夜は寝るのが精一杯。年もとった気がするし、疲れたんだね」(営業/23才)
これが一番多いんじゃないですか?
エッチが減ると「ワタシのせいかも」って思ってしまう女子が多いですが、カレの環境の変化からくる疲れとか、カレがもう若くなくなったとか(笑)、そういうことのほうが多い気がします。

4.「え、そうなの?」

「まったく気づかなかった。言われて気がついた。そもそも彼女とのセックスの回数とか頻度とかなんて、意識しないでしょ、普通」(新聞社/27才)
案外、エッチの回数が減ったこと自体に気づいていない男子が多かったのが驚きでした。
こういう男子は、どうなんでしょう? 好きじゃなくなった、とかそういうわけではなさそうですけど……。ひょっとしたら、草食系男子とかみたいにそもそもエッチを重要視してない人なのかも。

おわりに

意外だったのは、「浮気してるから」とか「好きじゃなくなったから」とかの答えが一個もなかったことです。たとえエッチが減ってしまっても、じつはそんなに深刻に思わなくても大丈夫なのかもしれませんね。
あと、2番の男子みたいに、彼女から求めてくるのを待ってるかもなので「しよっ」と言ってみるのもアリかも。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事