2014.08.11

意外と知らない?歯を白く見せるポイントは「歯茎の色」にあった!


こんにちは!歯科医の中嶋麻優子です。
みなさんは、自分の歯茎が黒ずんでいたり、汚いと感じたことはありませんか?
ホワイトニングやセラミック治療で白い歯を手に入れたとしても、歯茎が黒いだけで台無し。
白い歯と同じで、ピンク色の歯茎も相手に清潔感を与えてくれます。
ということで、今回は歯茎の黒ずみについてお話していきたいと思います。

1.黒い歯茎の印象は?

歯茎の色って、自分では気にならないかもしれませんが、笑った時に見えたりするので、意外と他人から見られているものなんです!
どんなに綺麗にお化粧していても、笑った時に黒い歯茎が見えた瞬間、全てが台無し。
黒い歯茎は清潔感に欠けるだけでなく、不健康に見えてしまい、さらに老けてみえてしまうんです。

2.歯茎の黒ずみの原因は?

歯茎の黒ずみの主な原因として、あげられるのは4つです。
・メラニン色素の沈着
・喫煙
・金属による色素沈着
・歯垢や歯石の沈着

では、それぞれの詳しいメカニズムについてお話ししていきましょう。

3.歯茎の黒ずみのメカニズムについて

〇メラニン色素の沈着
お肌でいう日焼けのようなもので、歯茎が、紫外線や喫煙、歯周病などの刺激を受けることで生じます。

〇喫煙
煙草に含まれるタールが歯茎に付着し、染み込んでしまうことで起こります。さらにニコチンと一酸化炭素が歯茎の血流障害を起こすので、歯茎の細胞の新生(新たに生まれること)が遅れ、赤黒くなってしまうそうです。


〇金属による色素沈着
いわゆるメタルタトゥーと言われるもので、金属を使っている差し歯の周りだけが黒ずんでいるのが特徴です。

〇歯垢や歯石の沈着
歯垢が固まると歯石となり、歯石を放置しておくと歯周病になってしまいます。そして、歯周病になると歯茎がだんだん黒ずんできてしまうんです。
また、歯茎の中の歯の根っこにたまる歯石は「縁下歯石」といいます。
この縁下歯石は、通常黒い色をしているので、歯茎が黒ずんで見えてしまうんです。

4.対策について

まずは原因を取り除くことが大切です。治療した歯に金属が使われているのであれば、金属を使わないオールセラミックに変えることをオススメします。そうすることで歯茎の色は自然に戻っていきます。

また、血行不良が原因であれば、歯ブラシでブラッシングする際に、優しくマッサージするよう心がけてみてください。喫煙も血行不良の原因となりますので、この際、禁煙してみてもいいと思います。そうすることで、歯茎の色が蘇ってきます。

さらに、原因を取り除いても改善が見られない人にオススメなのが、歯医者さんで行う「ガムピーリング」です。
ガムピーリングにはフェノールアルコールという専用の薬剤を用いる方法と、レーザーを用いる方法の2つがあります。ここで私がオススメしたいのは手軽なフェノールアルコール法です。
このフェノールアルコール法ですが、1度の来院で完了し、内容としては専用の薬剤を2〜3回繰り返し塗布するだけです。1度行えば、だいたい3~4年はもつし、表面麻酔をしてから行うので、痛みもほとんど感じません。気になる方はぜひ試してみてくださいね。

さいごに

いかがでしたか?
白い歯とピンク色の歯茎をゲットして、あなたも、笑顔のステキな女性の仲間入り、してみては?

(中嶋麻優子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事