2010.09.14

体も心もリフレッシュ!お手軽有酸素運動「お散歩」の始め方

スポーツやエクササイズはどうも苦手だけれど、体重・体脂肪率・コレステロール値の増加をひしひしと感じて、ちょっとマズイな…と感じているあなた。【お散歩】を始めてみませんか? 

運動不足になりがちな人は、面倒くさがりやであることが多いのではないでしょうか。
【お散歩】は、老若男女問わず、いつでもどこでも、お気楽に、お金もかけず、負担無くできる―とてもすてきな【有酸素運動】です! 日常生活の中では、皆、多かれ少なかれ【歩く】ということをしているはず。それをほんの少し発展させるだけで、【運動】しているという意識なく、【運動】できてしまっているとしたら…。こんな理想的なことはありません。

用意するもの

差しあたって必要なのは、歩きやすい靴一足だけ。【ちょっとお試し】の段階では、スニーカーやウォーキングシューズでなくても、とりあえず、かかとが低く、足を締め付けない(=靴擦れを作らない)ものであれば、OKです。

日焼けをしたくない人は、日焼け止め、帽子などでカバーしましょう。

どこを歩いたらいいかな

大きな公園や、河原にあるウォーキングコース――そんな場所、近所に無いなあ…なんて思ったあなた。【お散歩】は場所を選びません。毎回同じところばかりぐるぐる歩くのは、考えただけで面倒だし退屈ではありませんか。サッカーならサッカー場、スイミングならプール…大抵のスポーツは限られた場所でしか行えませんが、【お散歩】にはそんな制限がいっさい無いのです。

家の近所でも、街中でも、旅先でも…歩ける場所はすべて【お散歩】のフィールドと言えます。

歩き出そう!

「よし!今日から散歩を始めるぞ!」と意気込む必要はありません。
通勤通学の途中、買い物にでかけた時…いつでも思い立った時に、いつもよりちょっと早足&大股で歩き出してみましょう。腕の振りを大きくすると、より効果的です。

10~15分程度、テンポ良く同じペースを保つことができれば、やがて、体がぽかぽかと温まってくるはずです。人によって代謝は違うので、なかなか温まらない人は、もう少し歩くペースを上げるか、歩き続ける時間を長くします。 ぽかぽかを自覚できたら、無理のない範囲でそのまま歩き続けます。

これで、第一回目の【お散歩】は終了です! 
エッ、これだけ…?と拍子抜けしたでしょうか。

でも、これなら簡単にできるし、続けられそう、と思えたらしめたものです。長く続けていくには、生活の中にするりと組み込んでしまうのが一番なのです!

ポイントを決める

旅行先等なら、最初から目的地がありますが、近所歩きの場合、ただ漠然と歩くのでは、なんとなくメリハリがありません。公園、スーパー、コンビニ、本屋、家電量販店…どこか中継点を決めてみましょう。 

行ったことのない公園まで行ってみる。
いつもは徒歩5分のスーパーへ行っているけれど、少し離れたところにあるスーパーまで足を伸ばしてみる―。

目的地を決めると達成感が生まれます。さらに、初めての場所を訪れることは、ちょっとした冒険ですので、ワクワク感を味わうこともできます。

お店へ立ち寄る場合、買うものがなくてもいいのです。見て回ることで、お出かけ気分になり、リフレッシュできます。逆に、買うものがいっぱいありすぎて、歩きではとても持って帰れない、という場合、キャリーバッグを持っていくか、または、自転車を転がして歩いてゆき、帰りは荷物を自転車に乗せて帰ってくるというテもあります。

遠回りをする

通勤通学の行き帰りをお散歩タイムにしようとした場合、同じコースばかりで面白くありません。なので、ほんの少しだけ遠回りをして、毎回違う道を歩いてみます。意外な景色、新しい発見に出逢えるかもしれません。

季節を感じる

毎日歩いていると、ちょっとした空気の変化や、花や木々に、季節の変化を感じ取れるようになります。

お散歩の最中には、あまりドラマチックなことは起こりにくいですし、大興奮するようなこともありません。まずは、小さな悦びと楽しみをみつけるところから始めてみましょう!
関連キーワード

関連記事