2014.08.15

「悪魔」のカードが教える!恋と仕事に役立つアドバイスとは?


全部で78枚あるタロットカード。その中には「大アルカナ」と呼ばれる名前のついたカードが22枚あります。今回大アルカナからピックアップするカードは「悪魔」。出てくると怖そうな印象の強いカードではありますが、意外と大切な役割を担っています。そんな「悪魔」のカードから恋と仕事に役立つアドバイスを読み解いていきましょう。

1. 「悪魔」ってどんなカード?

悪魔のカードはタロットカードの15番目にあるカード。一番有名なライダー版タロットカードの絵柄には黒っぽくてコウモリのような羽根が生えた悪魔と、その手前には首に鎖がつながったふたりの人が描かれています。ぱっと見た印象からはどうもいいカードには見えない人が多いのではないでしょうか。

2. 悪魔のカードが意味するものは何?

悪い意味がありそうな悪魔のカード。その象徴としては「拘束」という言葉が分かりやすいでしょう。理性と感情でいえば感情側。自分をとらえて離さない誘惑者。そんな意味を持っているのが悪魔のカードです。

例えば利益につながらないのにどうしてものめり込んでしまう趣味や、特に意味が無いけれど自分にとってはどうしても大切に思えてしまう事物、周りが見えなくなって正しい判断ができない状況などを指し示します。

3. 悪魔のカードの良い面

高い集中力は大きな成果をもたらします。悪魔のカードが出るぐらいの状況にある人は、他の物が見えないほどひとつのことにエネルギーを注ぐことができるので、予想以上の結果が出ることが多々あります。ある意味ものすごく純粋な力の発露である悪魔のカード。
良く言えばピュアな、悪く言えばカオスなパワーに満ちているのです。その力を活かすことができれば、他の誰にも負けない成果を得ることができます。

4. 恋や仕事、日々の生活に活かすには?

好きな人がいて悪魔のカードが出るのであれば、相手に対して大きな執着が生まれている場合が多いです。純粋に好きという感情があるのに、方向性がおかしなことになってしまっていないか注意してみましょう。相手が何を求め考えているかを見つめ直すだけで、意外といい恋へと発展させることができるはず。

仕事においても同様に、あなたにとって大切で譲れない何かがあるからこそ出てくるのが悪魔。少しだけ落ち着けば良い方向へと進んでいけるはず。

プライベートな部分においても、悪魔のカードが出るということは、あなたにとってそれだけの意味を持つ何かがあるはず。拘束から抜け出した先には他の何物にも代えられない幸せが見出せるでしょう。

おわりに

悪魔のカードが示唆するのは「拘束」。自分をとらえて離さない強いエネルギーです。実は悪魔のカードは恋人のカードと構図や絵柄がかなり似通っています。恋人のカードが意味するのは「結びつき」。ふたつのカードは表裏一体で双子のような意味を持っているのです。
つまり、悪魔のカードが出るぐらい好きな相手や仕事であれば、それはあなたにとって集中するだけの価値を持っている何かを内包しているもの。悪魔という呼称はおどろおどろしいけれど、どうしてもつかみ取りたい他の人には価値が分からない宝物を見つけるヒントが隠れているのです。

(桜田ケイ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事