復縁に効く!元彼の家にさりげなく残しておくべき物・4選


暑さで頭がやられ、気が動転したのか浮気をしてしまい、勢いで別れたカップルが街中に溢れてきている頃でしょうか?
なにはともあれ、勢いで別れてしまうと、直後に「やべっ、言わなきゃよかった」なんて後悔することがありますよね。でもお互いのプライドが邪魔をして復縁話を持ちかけられない。そんなときは、戦略的に彼の家にある物を残しておくと、復縁がスムーズに行くことがあるということが取材で分かりましたので、ご紹介したいと思います。

1.手紙

「別れ際に、彼の部屋に手紙を置いておきました。今までありがとうって、手書きで書いたやつを。そしたら数時間後に彼から連絡があって、無事もとさやです!」(22歳/学生)

面と向かっては気恥ずかしかったり、なかなかふんぎりがつかなくて伝えられなかった気持ちも、手紙なら書けそうな気がしませんか?普通なら、ラインなどで送ってしまうところですが、ここはあえて手書きを選ぶのがポイントかもしれません。だって、肉筆には明朝体でもゴシック体でもないその人らしさがにじみ出ていますから、気持ちもぐっと伝わりやすくなる気がしませんか?A4のノートをちぎらずに、ちゃんとした便箋に書きたいですね。

2.付き合いたての思い出グッズ

「初めて一緒に行った旅行先で、盛り上がりすぎて買ったダサいキーホルダーとか、一緒に買ったペアのコップを見やすい位置に移動させておいた。だからかな?いい思い出が蘇ってくれたみたいで復縁できました。」(27歳/化粧品)

別れ話前後は不穏な空気が漂う殺伐とした関係だったとしても、付き合いたての頃の思い出は、キラキラしていることが多いですよね。その頃の美化された思い出を武器にするのがこの方法。棚の奥にしまわれている思い出の品を、ぐっと手前に引っ張り出すだけならすぐにできそうです。

3.女物電化製品

「髪の毛のアイロンとか、美顔器をあえて彼の家に放置するの。家電って捨てづらいし、絶対男は使わないから、「取りに来て」って絶対連絡がくる。その時がチャンス!家に行く口実ができる!勢いで別れたレベルなら、そのころにはお互い冷静になってるから、話し合って復縁できるよ」(21歳/学生)

電化製品って処分がむずかしいですよね。普通に燃えないゴミに入れても受け取り拒否されてしまいがち。市町村の決まりがあったりして面倒。でも、このわずらわしさを逆手に取れば、別れたあとでも彼に会うことができます。洋服や雑貨類だと彼が捨ててしまうかもしれませんが、電化製品はそうはいきませんからね。戦略的放置家電、試してみる価値アリ!

4.写真

「王道だけど、写真ですね。別れ際に『手元にあるとしんどいから』って撮った写真を渡しておいたら、すぐに『忘れられない。会いたい』って彼が!本当嬉しかったです。」(25歳/受付)

家電製品などの大物も捨てにくいですが、写真の捨てにくさは段違いかも。他人が写っているものさえ、捨てるのがはばかられるのに2人で撮ったものなんてさらに捨てられません。必然的に彼の手元に残るので、ふとしたときに目に入ってしまったりして・・・「会いてー!」となること間違いなし!かも。捨てられてたらショックですね。

おわりに

いかがでしょうか?彼の家に置いてくるだけならすぐに、そしてさりげなく実践できそうなものが多かったですよね。ヒートアップして勢いで別れてしまってはもったいない相手もいます。付き合っていた期間にかかわらず、まだ別れたくないと思ったら、この方法を復縁のための手段の1つとして試してみてください。

(松宮詩織/ハウコレ)