2010.09.14

食卓が一気に華やかに♪レンジで簡単「卵そぼろ」の作り方

鶏そぼろご飯に乗っている卵そぼろ。彩りもきれいで、おいしいですよね。あの卵そぼろをフライパンも油も火も使わず、2分以内で作れる簡単ワザを紹介!忙しい朝のお弁当作りや、夕飯の彩りに大活躍まちがいナシです!
       

①用意するもの

  • 常温に戻した生卵1個 
  • 耐熱性のある深めの容器(耐熱グラス、マグカップ、陶器のビールジョッキなどレンジ使用OKのもの) 
  • 食品保存用ラップ 
  • 菜箸 
  • 塩 

②卵をほぐす

耐熱性のある深めの容器に、常温に戻した卵を割り入れ、塩少々を入れて菜箸でほぐします。白身と黄身が混ざり合うようにしっかりと撹拌すること。 
             


③ラップをしてチン!

食品保存用ラップで蓋をして、レンジ強で加熱します。だいたい1分~1分半程度。機種のワット数と室温によって時間は若干異なるので、目安としては、レンジの庫内を覗いて、熱で膨れ上がった卵液が容器から盛り上がった状態になったら停止します。停止したら数秒で膨れた卵液がしぼむので、すぐ庫内から取り出します。
             

器が熱いので、予め鍋つかみなど用意して、ヤケドに注意してください。

④掻き混ぜる

ラップを外し、しぼみ始めた卵液を菜箸で素早く掻き混ぜます。容器の内側にこびりついた卵液もいっしょに激しく掻き混ぜてください。卵液がポロポロと細かい粒上にほぐれていきます。
             


もしレンジの加熱が甘くて、底の卵液がまだ液状だった場合は、再度10~20秒ほどチンして(外したラップはかけ直さなくてOK)、再び掻き混ぜます。きれいな黄色のそぼろができあがります。

             


⑤アレンジ

以上は塩味だけのシンプルな卵そぼろ。この作り方で、濃い味つけも、洋風も中華風もアレンジ自在です。濃い味付けなら、②の段階で麺つゆ小さじ1を加えます。
洋風ならバターと黒胡椒、中華風ならゴマ油を、とそれぞれ好みで加えます。

あとは同じ手順で加熱して混ぜるだけ。ただし加えるものによって卵液の固まり具合が変わるので、加熱状態はその都度チェックしてくださいね。加熱を短めにし、大きくザクッと掻き混ぜるとスクランブルエッグにもなります。


トッピングしたいメニューや用途に合わせて、加える調味料と加熱時間を調節し、楽チンにお好みの卵そぼろを作ってくださいね!


関連記事