2010.09.16

ストレス激減!流行りの芸能人や時事用語を一発で漢字変換する方法

急に流行り出した芸能人の名前をキーボードで入力しても、読みを一発で漢字に変換するのは難しいでしょう。最新の時事用語や造語なども同様です。そもそも漢字変換をつかさどる辞書ツールは、一般用語は網羅していますが、最新の人名や時事用語などはサポートしていません。

しかしこうした変換を可能にする辞書ツールがあります。それが「Social IME」です。
Social IMEは無料の辞書ツールで、辞書の変換情報を不特定多数の人で共有できます。これにより最新のキーワードでも一発で漢字変換できるようになります。

ちなみにATOKは企業用途向けに辞書情報の共有機能を備えております。ただし社内にサーバーを構築して社員の入力情報をデータベースとして管理するなど、導入から運用までに多大な費用がかかってしまいます。「Social IME」ならこうした費用は一切かかりません。

では「Social IME」の使い方を以下に紹介しましょう。


ステップ1 Social IMEを利用できるようにする

Social IMEを公式サイトよりダウンロードしてインストールしたら、一般的に画面右下にある「言語バー」の上で右クリックします。「設定」をクリックすると、「テキスト サービスと入力言語」という画面が開きます。その「設定」タブから「Social IME」を選択します。続けて「詳細設定」タブをクリックし、「互換性の構成」にチェックを入れます。「OK」をクリックして、再起動しましょう。
      

ステップ2 Social IMEを使ってみる

実際の利用法はATOKやマイクロソフトのIMEなどと何ら変わりません。辞書ツールのため、文字を入力するケースですべて有効となります。カナを入力し、スペースキーを叩けば変換候補が表示されます。通常は候補として表示しそうもない芸能人やマンガやドラマのタイトルなどを表示できます。
         


ステップ3 単語を登録する

変換できない単語はできるだけ単語登録するようにします。これは、Social IMEは多くのユーザーから集まる登録情報を共有しているためで、逆に言うと、誰も共有していない単語は一発で漢字変換できないのです。

登録方法はIMEと同じです。言語バーから「単語の登録」を開き、読みと変換後の漢字(もしくはカタカナなど)を入力します。
          

さいごに

変換情報はネット経由で読み込むために、多少時間がかかります。文字入力がさほど多くない作業なら支障はありませんが、テキスト入力作業がメインとなる場合、作業が非効率になる可能性があるので注意が必要です。

例えば最新用語の読みや漢字を調べる際などは大変重宝します。
関連キーワード

関連記事