2014.08.21

小さなことからコツコツと!日常でできる「モテる気配り」・5つ


男性は気配りができる女性に惚れてしまいます。細やかな心遣いができるかどうかこそが、男性が思う「女子力」といっても過言ではないでしょう。日常から簡単な気配りでも積み重ねていけばモテへとつながります。

今回は、日常からできるモテる気配りをご紹介したいと思います。

1. ポストイットでメモ

「会社のデスクに女の子のメモ貼ってあるとキュンとする。その子のこと絶対気になっちゃう。メールじゃなくて可愛いポストイットとかの遊び心があるとグッと来るんだよなあ」(26歳/商社) 

メールで済むことなのに、メモやポストイットを貼るところに男性は可愛らしさを感じてくれます。男性は可愛い字で個人的なメッセージを書かれると喜びます。絶対にそのポストイットは保存します。簡単にできることなので、LOFTなどで可愛いポストイットを複数買って常備しておきましょう。

2.お礼メールはサボらない

「ゴハンとか行ったあとに翌日お礼メール来てると偉いなって思う。礼儀正しい子なんだなって。何回も連れて行ってるのに毎回メールくれる子は、また連れて行こうって気持ちよくなるね」(24歳/メーカー)

男性は、とにかく女性から褒めてもらいたいのです。なのでゴハンや仕事、レポートなんかで、男性に借りをつくった場合は必ずお礼メールをはしましょう。デートでごちそうになったなら、帰り道くらいに送るのがベストです。「楽しかったです!また連れて行ってくださいね!」と送るのがモテる気配りができる女です。

3.お菓子を配る

「ふとしたときにちょっとしたお菓子とか配ってる女の子とか好きだな。じゃがりことかチョコひとつ食べてどうこう思わないけど、配ってくれるっていうマインドがいいなあ、と」(25歳/保険)

ちょっとしたお菓子を配る行為は日常的にしていくと好感度アップにつながります。もらったものはちょっとのお菓子でも男性はほっこりとした気持ちになります。そしていつものお礼といって男性から特別なお土産をもらうことだってあるでしょう。あげるだけでコミュニケーションが生まれるので、普段は全部自分で食べてるなーという人も、お菓子を分けてダイエットにもつなげましょう!

4.話をしてない人に話題を振る

「ゴハンとかであんまり話題に入れてないときに、おれのこと気にして話振ってくれる子は好きになるね。気遣ってくれてその場につまんない人がいないか多分見てるんだよ。そういう子はモテると思う」(26歳/放送)

バラエティの司会者ではないですが、その場で話せていない人ができないように話を振って行く女性というのは確実にモテます。話を振ってもらって救われた。その体験を必ず男性は覚えています。あまり相手にされていなくてつまらなそうにしている男性を見逃さないようにしましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

男性を喜ばせるのはちょっとした気配りだけで達成できます。なにごともさぼらないことが大事。日々の積み重ねで周、囲の評判を高めモテの確変を起こしましょう!

 (白武ときお/ハウコレ)

関連記事