2014.08.22

老化は避けたい!夏にやるべき「目元&唇ケア」


まぶたと唇は、体の中でも一番皮膚が薄い部分。どちらも皮脂がほとんどでないので、乾燥や紫外線に弱く、老化のサインがいち早くでる箇所なのです。
肌にとって過酷な季節である夏は、いつもより意識してケアすることが大切です。
今回は、目元と唇のケア方法をご紹介します。

1.ホットタオルとクリームだけの簡単ケア

夏の間、紫外線にさらされた肌が、秋の乾燥した空気に吹かれると、目元や唇がシワっぽくなって、くすみが途端に気になってきます。そんな時は、肌に必要な温度と湿度の両方を補う『ホットタオル&クリーム』でケアしてみましょう。

ホットタオルで温めると、血行が良くなり、乾燥して硬くなった角質を柔らかく、ふっくらとさせます。皮脂がほとんどない目元と唇なのでクリームをたっぷり塗って、油分を補いながら行いましょう。

2.唇ケア

1.リップクリームを塗る
洗顔後、水気を取った後にリップクリームをたっぷりつけましょう。

2.ラップで覆う
食品用のラップを、口の回りを覆うくらいの大きさにカットして、唇を覆ってください。

3.ホットタオルを当てる
タオルを水に濡らして7~8割くらいしぼり、畳んでジプロックに入れ、レンジで約1分温めてください。温まったら中からタオルを取り出し、ラップの上から当てて両手で1~2分優しく押さえましょう。タオルが熱すぎると唇は皮が薄くヤケドしやすいので、温度には注意してください。

4.リップクリームを塗る
1~2分経ったらホットタオルをはずし、ラップをはがしたら、再度リップクリームを塗ってください。温めたことで唇の血行が良くなり、角質が軟らかくなってとても健康的な美しい唇が甦ります。

3.目元ケア

1.クリームを塗る
洗顔後の肌に化粧水をつけたら、お手持ちのクリームやアイクリームを目の周りに優しくたっぷりつけましょう。

2.ホットタオルをあてる
唇の時と同じように、ホットタオルを作り、目の周りを覆うように当てて、両手で1~2分優しく押さえてください。温めることで目の血行が良くなり、疲れも取れてリラックスできます。

3.アイクリームを塗る
1~2分温めたらタオルをはずし、最後にもう一度軽くアイクリームを塗ってあげましょう。

おわりに

夏は特に紫外線が強く、目元や唇が傷みやすい季節です。目元はサングラスなどでケアされる方が多いと思いますが、唇はうっかりそのままと言う方も多いので、UVケアリップや口紅などで紫外線や乾燥から唇を守る事を忘れないでください。

そして週2回、『ホットタオル&クリーム』で目元と唇の潤いアップケアをしてくださいね。

(下山 一/ハウコレ)

関連記事