2014.08.25

テラハは夢?現実?ルームシェアの知られざる実態・5つ


ルームシェア。
以前からほとんどの人がその存在については知っていましたが、あのテレビ番組の影響で知名度だけでなく人気まで一気に上昇しましたね。
「ルームシェアをすれば、あんなふうに暮らせるのかな……?」
これは、あの番組を観ている誰もが一度は思ったはず。私も思いました(笑)。
てことで、気になるのはやっぱりルームシェアの実態ですよね。
今回は、現在ルームシェアをしているという20代女性20人に「ルームシェアの知られざる真実」について聞いてみました!

1.物が盗まれる

「入ってみてまず驚いたというかショックだったのは、平気でいろんなものが消えてって、みんなもそれを平気にしてるところかな。
干しておいた靴下とか、共用の冷蔵庫からデザートとかが消えてるなんて、当たり前すぎてマヒしてくるほど」(デザイナー/25才)

いきなりすごいのがきました……。
でも、「逆にストーカーに襲われたりとかそういう大きい犯罪からは安全」なんて声もありました。小さい不満はあっても、大きな安心があるってことなんですかね。

2.うるさい

「神経質な人は無理だよ? 自分が寝ようとしても誰かがリビングで話してるとうるさくて寝不足になる。朝も、遅くまで寝てたくてもいろんなところからアラームが聞こえて何度も叩き起こされる。図太い人じゃないと耐えられないかも」(大学生/24才)

ひとり暮らしのいいところは、誰からも何も言われずに静かに暮らせるところですよね。ルームシェアはさみしさはないのはいいですが、どうしても一人っきりになりたいときにはうるさくてアウトかも。

3.ボスの存在

「ひとりか数人、シェアハウスのボス住人みたいな人がいる。そういう人に気に入られないと、終わる。出ていけ的なオーラを全員から出されて、地獄だよ。ただのいじめ」(カメラマン/28才)

ルームシェアは、ひとつのコミュニティです。そのなかには当然、上下関係とかが生まれますね。部活とかに入っていた経験があって、そういうのに慣れている人じゃないと、人付き合いで気疲れしてしまってダメでしょうね。

4.語学には最適

「外国人が多いところに私は入っているんだけど、本当に最高。留学と一緒だもん」(大学生/26才)

ちょっと前から、語学目的のシェアハウスというのはわりと人気だったみたい。海外に行くお金もないけど英語が勉強したいという人はぜひ、ですね。
あと、外国人男性と付き合ってみたい人もオススメ。

5.恋はするの?

「そもそも男女が一緒のシェアハウスって案外少ないんだよね。あっても人気だし、入るのが難しい。私は最近やっと男女のところに入ったけど、まわりは結構恋してるよ。でも、なんかみんなチャラそうなんだよね、浮気してそう(笑)」(作家志望/24才)

テラハみたいに、恋愛は実際にあるみたいですね。でも、あんまり一途な感じがしなくてイヤになってしまう人も多いみたいです。そういう人じゃないと、ルームシェアの恋愛は楽しめないのかもしれません。

おわりに

どうでしたか?
いろんな人から聞いていて、一度やってみる価値はあるかな、と私は感じました。みんな、それなりに楽しんでいる、というふうに答えてくれましたから。
みなさんも、一度くらいはお試しで入居してみてはいかがですか?

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事