2014.08.26

よう来なった!夏休みはカップルで新潟の◯◯へ行こう!・5選


こんにちは、ぽこひろです!
夏休みには、海外旅行に行ったり、沖縄へ手軽に常夏を漢字に行ったり、とにかくカップルで遠出をすることが多いでしょう。
大学生の夏休みは長くて暇ですよねー。
そんなに暇なら、新潟に行ってみてはどうですか?
食に、海に、山にと充実の新潟はかなり穴場の旅行先で盲点のはず。新幹線でも東京からおよそ2時間と、アクセスもバツグンです。
今回は、新潟出身のぽこひろが、カップルにぜひ夏に行ってもらいたいデートスポット5つをお届けします!
ハウコレらしくない記事ですが、こういうのもたまにはいいですね、うん!

1.加茂山公園

まずは加茂山公園。文字通り、加茂市にある都市公園です。
自然の豊かさは言うまでもありませんが、なんといっても一番の魅力はリス園です。
ここのリス園は、ただ見るだけでなく、園の中にはいって一緒に触れ合うことができる最高すぎる空間。
50匹ほどのシマリスがあなたを取り囲んで大歓迎してくれますよ。係員さんから無料でもらえるヒマワリの種で応戦しちゃいましょう!
アクセスは新幹線で新潟駅まで行き、そこから信越本線の上り電車で30分ほど。駅からも歩いて行ける距離です!

2.万代

万代といえば、新潟の新宿、いや渋谷、いや池袋?
なんでもいいですが、新潟一番の大都会です。新潟駅から歩いて10分で万代シティに到着。駅からちょっと離れているあたりが面白いですね!
ラブラ万代といった大型のデパートを中心に、一日歩き回っても飽きない街を形成してます。
万が一飽きてしまった人は、水族館に行きましょう!
そう、なんとバスで10分くらいのところに「マリンピア日本海」という水族館があるんです。新潟は昔から、「水の都」と呼ばれます。街のすぐそばに水族館があるなんて、素敵でね。

3.寺泊

夏といえば海ですよね。日本海を楽しむなら、寺泊をオススメします。
なんといっても魅力は海の幸。浜焼きに海鮮丼にとシーフード天国。とれたてのイクラ、マグロ、うにをコシヒカリにのせて食べるなんて、新潟でしかできない贅沢ですね。
長岡市にある寺泊は、電車でのアクセスがイマイチなので、カレに車で連れて行ってもらいましょう。

4.燕三条系ラーメンツアー

ラーメン好きなカップルにとって、新潟といえば燕三条でしょう。燕三条とは、燕市と三条市の両市を合わせてこう呼びますが、とにかくラーメン天国として有名。
「燕三条系」と呼ばれるこってり背脂系のラーメンは全国的にファンも多く、カップラーメンにもなっているほど。
この夏はカレと燕三条でラーメン巡りをしてみるのはいかが?

5.月岡温泉

夏は温泉というイメージがわかないかもですが、熱~いお湯で疲れを取って、浴衣で涼むのもいいものです。
新潟県新発田市にある月岡は、「泉慶」「華鳳」といった有名な旅館が多く、月岡温泉として全国的にも評価が高い温泉街。
人の多い海外、都会、夏リゾートを避けて、静かでゆっくり過ごす夏も風流ですね。

おわりに

いかがでしたか?
せっかく時間もあるのですから、今年の夏はカレと一緒にみんなが行かなそうな旅行地をあえて攻めてみるのもいいかもしれません。誰にも負けないオンリーワンな思い出ができるかもしれませんよ?

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事