2014.08.26

夏はNG?!男受けの悪いファッション・4選


この夏、色んな服を買って、色んな場所へお出かけする機会も多いのでは?せっかくの夏休みだから、可愛い洋服を着て、みんなで遊びたいですよね。
しかし、夏場には男性ウケの悪い服装があるみたい。そこで今回は男性ウケの悪い夏ファッションについて紹介します。

1.森系ファッション

「森系の服ってふんわりしてて可愛いけど、夏場見るのはちょっと嫌かも。なんか重ね着ばっかだし、基本的長いスカートだから露出もなくて、見てるこっちが暑くなっちゃいそうになる。」(21才/学生)

森系のファッションってふわふわしていて可愛いですけど、確かに露出が少なめなので、暑そうに見えてしまうかも。
森系ファッションが好きな人は、くるぶしまでのロングスカートにパーカーではなく、膝丈のスカートなどにすれば、「この人見てるだけで暑い・・・」という風にはならないはずです。

2.へそ出しファッション

「最近めっちゃへそ出してる女の人いっぱいいるよね。なんかあまりにも露出が露骨すぎて萎える。チラっとお腹が見えちゃったら萌えるんだけどね。見せに来てる感じがちょっと・・・。あと、勘違いしてへそ出ししてる人は本当に見てて苦しいからやめてほしい。」(25才/出版)

最近流行りのへそだしファッション。足が長く見えて、スタイルが良く見えるので良いですよね。あなたのまわりにもいませんか?
もしかしたらあなたもへそ出しファッションをしてるかもしれません。しかしそんなへそ出しファッションは、露出が激しいと不人気なよう。
がっつり出しているものではなく、少し控えめな服を選ぶと良いかも。

3.日焼け対策ファッション

「日焼け対策でパーカーと、日傘と、色々厚着してる人は見てて萎える。暑そうだなって思う。あと、腕につけてる黒いやつがやだ。あんなの着けるのはおばさんだけで十分。」(24才/美容)

日焼けは乙女の敵でもありますよね。
肌が黒いか白いかでもどことなく可愛さが変わってきてしまいます。だから、日焼け対策はきっちりしたいところ。
ですが、あまりにがっつりやってしまうと、男性に引かれてしまうみたい。一人でただふらっと出かける分にはそのファッションでもかまいませんが、男性と遊ぶ際はやめておいた方が無難でしょう。日焼け止めで我慢して下さい。

4.タイツ・レギンス

「夏でもタイツとかレギンスを履いてる人ってなんでなんだろって思う。見てて暑くなってくるしね。冬だと見てて萌えるけど、夏場はまったく萌えない。タイツとレギンスは絶対冬限定だと思う。」(22才/学生)

タイツやレギンスを夏場に着るなんて、着てるこっちまで暑くなってしまいそうですよね。
しかし「暑いけど、脚がどうしても見られたくない」という気持ちもとても良く分かります。薄いやつならOKかなと思いきや、それもNGらしいので、タイツやレギンスは出来るだけ控えましょう。
どうしても生足が嫌だと言う人は、ストッキングを履くのも良いかも。

おわりに

いかがでしたか?皆さんも気をつけて、夏ファッションを楽しんで下さいね!

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事