2014.08.28

気になる彼を誘ってみる?「男性を誘える朝活」・5つ


近年、朝活がブームであり、男性も始めて見たいと思っている朝活はいろいろあるようです。でも、一人で行ってみようと思っても起きられなかったり、面倒になったりと行くのを躊躇してしまうという背景もあります。

そこで、「女性から一緒に行きませんか?と誘われたらやってみたい朝活」について男性に
インタビューしてきました。一緒に朝活に参加するということは、普段のコミュニティから二人だけで抜けだして、新たなコミュニティにいくということ。当然、グッと距離も縮まります。コレを参考に気になる彼を誘ってみては?

1.ジョギング

「健康のためにも、運動しなければと思っているけれど、なかなか早起きするのは大変。でも、女の子が誘ってくれて、当日の朝『起きた?』とか電話くれて、待ち合わせをして一緒に走るとかなら、やってみたいですね!」(21歳/学生)

一人で走ろうと思うと、短い距離で飽きてしまいますが、話し相手がいれば、気づけば時間が経っていたなんてこともあります。一人でやるより二人の方が楽しくなること、それが朝活に誘われた男性にとっても嬉しいメリットの一つです。

2.英語

「同僚が、出社前に、英会話スクールに行っていると聞いてすごいなと驚いていたんですけど、『一緒に来てみる?』と誘ってもらい、ドキッとしたことがあります。レベル分けで別のクラスになると思うけれど、一緒に行って、その後一緒に出社するのを考えると、ちょっと良くないですか?」(25歳/イベント)

朝活のポイントの一つは、時間を合わせやすいことや、その後最寄りの駅や途中まででも一緒行けるという点。会社や学校が同じ相手であれば、一緒に行けるので、通勤・通学時間にも会話が弾み、仲良くなれそうです。

3.読書

「夜にやりたいと思っていてもできないのが読書。だからこそ、カフェで待ち合わせしてコーヒーでも飲みながら読書したいです。読書って一人でするものだけれど、隣に女の子がいてくれるだけで早起きしようと思えるし、お互いにオススメの本を紹介し合ったりするのもイイですよね。」(28歳/貿易)

一人でできることだからこそ、なかなかその時間をとることができないのも男性の悩みどころでした。女性から誘われればその時間を意識して作ることができるという声もあり、読書好きな男性には、自分の時間を大切にしつつも、そばにいてくれる女性は貴重なようです。

4.ヨガ

「ヨガに興味がある男子は結構多い。でも、女性が多いから男一人で行くのは抵抗があります。そういう時に、女の子が誘ってくれて、一緒に行ってマットとか道具の使い方を教えてくれたら、安心して参加できそうです。」(27歳/出版)

ヨガはまだ女性が多いので、やってみたいと思いつつも、参加する勇気がないようでした。「身体が硬いから〜」と言いつつも、「身体硬くても平気だから!」と女性から誘ってもらえるのを待っている男性もいらっしゃいます。

5.オシャレな朝ご飯

「朝ご飯を食べる習慣がないので、元気になれるような朝ご飯を一緒に食べに行こうと誘ってくれる子がいたら、絶対行きます。作ってくれるような彼女がいたら嬉しいですけど、彼女だけに朝早く起きてもらって、作ってもらうのも申し訳ないので、一緒に食べに行くので十分です。」(24歳/マスコミ)

朝ご飯は、夜に比べて比較的低価格でオシャレな料理を楽しめるのもポイントの一つ。朝から落ち着いて、食事時間を楽しむことができたなら、やる気が出るという声は多かったです。

おわりに

このように男性も興味があるけれど、なかなか一歩が踏み出せないという朝活は、誘ってもらえるのを待っている男性も多いようです。他にも、早朝にやっているゴルフスクールや、ファーマーズマーケットなどもあるので、彼が興味を持っていることを調べて、朝活に誘ってみてはいかがでしょう?

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事