2014.08.28

やっぱり美容にはこれ!一日中キレイを保つ「ビタミンC」の摂り方


美肌や美ボディに効果的な成分は色々紹介されていますが、高価なものや手に入りにくいものだと長続きしませんよね。そこでおススメなのが、身近な「ビタミンC」。
お肌のためだけでなく、美ボディのためにも活躍してくれそうですよ!
今回は、1日中キレイを保つ「ビタミンC」の摂り方をご紹介します。

朝~日中の「ビタミンC」

朝~日中は、紫外線対策のため「ビタミンC」をチャージしましょう!
レモンなどの柑橘系は、ソラレンと呼ばれる紫外線への反応が強くなってしまう成分が入っているため、太陽が出ている間はNG。日中は、「アセロラジュース」がおススメ。

「ビタミンCの王様」とも呼ばれるアセロラには、レモンの約34倍のビタミンCが含まれ、東京都健康長寿医療センター研究所と東京農工大学の研究によれば、ビタミンCが不足すると皮膚が薄くなり、メラニン色素の産生が増加するとのこと。紫外線を浴びる機会の多い日中は、お肌のためにビタミンCをチャージしておきましょう。

夕方の「ビタミンC」

ビタミンCは、副腎に多く存在しているビタミン。銀座上符メディカルクリニックの上符院長によれば、ビタミンCには副腎から分泌されるストレスホルモンを減らし、若返りホルモン「DHEA」の分泌を高める効果があるとのこと。疲れやイライラなど、疲労感を感じる夕方にも、ビタミンCをチャージしましょう!
また、アサヒ飲料株式会社の研究によれば、オレンジ果汁には、血中アルコール濃度を低下させる働きがあることがわかっています。オレンジに含まれる糖と有機酸には、肝臓でのアルコールの代謝を促進させるとともに、胃にアルコールをとどめて胃の中でもアルコールを代謝させる機能があるのではないか、と推測されるそうです。今夜は飲み会、という日は、オレンジジュースでビタミンCチャージがおススメ。

夜の「ビタミンC」

ビタミンCは、抗酸化作用の強いビタミン。寝ている間に体内に発生した活性酸素を除去し、細胞の再生をスムーズに。また、コルチゾールの分泌を抑える効果があるため、安眠を促します。安眠は、細胞の再生のためにも必要ですが、肥満との関係も深く、睡眠不足になると食欲増進ホルモン「グレナリン」の分泌が盛んになってしまう、とのこと。美ボディキープのためにも、夜しっかり眠ることが大切。
先述の上符院長によれば、寝る前に摂るビタミンCの量は、1000mg~2000mgがおススメとのこと。ビタミンCが強化されたドリンクやサプリメントが便利ですね。

おわりに

美肌も美ボディに役立ち、ストレスも軽減してくれる「ビタミンC」。ビタミンCなら身近な食材で、長く摂り続けられますよね。これからは、「ビタミンC」を意識して、1日中キレイをキープしましょう!

(岩田 麻奈未/ハウコレ)

関連記事