炎上確実!カレと別れた後にSNSでやってはいけないこと・4選


カレにフラれた。浮気をされてフってしまった。
そういうときは辛くて、相談できる相手もいないと、どうしたらいいかわからなくてツイッターやFacebookで気持ちを爆発させてしまう人もいるんじゃないでしょうか?

でもヘンなことを言ってしまえば、カレはもちろんアナタ自身の評価もガタ落ち。
ひょっとしたら、SNS上での振る舞いが次の恋の妨げになってしまわないとも限りません。
もしも将来、カレと別れてしまったときのために頭の片隅に覚えておいてほしいことを書いていきたいと思います。みなさんの先輩である30代女性20人にアドバイスをもらいました。

1.カレのアカウントをさらす投稿

「カレのアカウントのリンクを貼って、『この人のせいで別れました』みたいにさらすことはよくないと思う。
たしかにカレが悪いけど、世界中に公開されるような犯罪をしたわけじゃないんだし、それはやりすぎ」(OL/34才)

ツイッターでも、FBでも、投稿のなかの登場人物のアカウントを貼り付けて、クリックするとその人のところに飛べるようにできます。
でも、別れたくらいでアカウントをさらすのはルール違反。関係もない人からカレに悪口なんかが送られたりするかもです。
カレだってそこまでされる筋合いはありませんね。

2.秘密を暴露

「『カレはエッチのときはこんなことをする』だとか『いつもは赤ちゃん言葉でしゃべってくる』とか、あなたしか知らないことを暴露するのはやめよう」(公務員/33才)

そこまでしたら、逆にまわりはカレに同情して、アナタに対して「そこまでしなくてもいいのに……」という気持ちを持ってしまうかも。
こんな恐ろしいことをすると知ったら、アナタと付き合いたい人もいなくなってしまいますよ?

3.「別れた」と速攻で書く

「別れた瞬間、キレて『別れました』みたいに書くのはちょっと待ったほうがいいよ。ほら、カップルってだいたい別れるって言っても仲直りすること多いでしょ? 確実に別れるのが決まってからのほうがいいよ」(金融/30才)

これをしてしまうと、後で冷静になっても、「別れた」って書いちゃったしなぁ……なんて仲直りしにくくなってしまいますね。
これを繰り返しちゃうと、「またかよ!」なんて思われることもあるのでとにかく損です。

4.ひとつだけやっていいこと

「仲直りもありえないってくらい完璧に別れたら、FBもツイッターも相手もブロックするのがいいと思う。別れた後もついカレのアカウント見ちゃうけど、それだと前に進めないからね」(キャバクラ/31才)

元カレをネットで見てしまうのはあるあるです。新しい彼女できたかな?とかいろいろ気になってしまいますね。でも、これはただの時間のムダ。
そんな暇があったらFBで次の恋人候補でも探しましょう!

おわりに

どうでしたか?
SNSは便利ですが、いろんなことが広まりすぎて、恋愛と絡むと妙にやっかいです。
別れたりしてパニックになったときも、できれば友達に直接話を聞いてもらいましょう。そっちのほうがずっとラクになりますよ。

(遣水あかり/ハウコレ)