2014.08.31

[PR]「二重メイク」をしている女子が彼とのエッチで困ること・3つ


いまや一般的になった、「二重のり」を使ったアイメイク。「整形はちょっと…」という一重女子には、もはや定番アイテムになっているのではないでしょうか。
化粧をしていれば基本的にはごまかしがきく二重メイクですが、困ってしまうのは彼とのお泊りのとき。そこで今回は、二重メイクをしている女子に、「彼とのエッチのときに困ること」を聞いてみました。

顔をまじまじ見られるとバレる

「エッチしてるときに目を閉じたりするじゃないですか? でも、二重のりでまぶたがくっついてるから、目を閉じたら半目になっちゃうんです。だから閉じれない…」(20才/大学生)

普段はアイメイクや前髪で隠れていて、まぶたをまじまじ見られる機会はありませんが、エッチのときは距離も近いので、ふとした時に彼にバレてしまうのでは?と思う方が多いようです。二重メイクをしていることを彼に話している場合でも、「彼に『二重とれかけてるよ』って言われて恥ずかしかった…」(22才/大学生)との声も。

お風呂に入ったら取れそう…

「一緒にお風呂に入るのは好きなんですけど、お風呂に入ったら取れそうで不安。彼がふざけて顔に水かけてきたとき、本気で『ムリ!!』って拒否ったらしょんぼりされた」(25才/イベントスタッフ)

二重のり使用者にとって、ハラハラするのが「水」。海やプールに行っても、いつ取れないかと不安になったりしますよね。直接顔に水がかからないように気をつけていても、お風呂の蒸気で取れやすくなったりするので厄介ですよね。

翌朝、二重メイクが崩れる

「エッチした翌朝は、絶対彼より先に起きるようにがんばります!!どう頑張っても若干は崩れちゃうから、その顔を見られるのが嫌。あと、枕で顔を隠しながら寝たり(笑)」(21才/小売り)

エッチが終わったあとも気が抜けません。つけまつげが崩れるのも気になりますが、二重メイクはつけまつげ以上に印象を変えるので、取れてしまうと一大事。
「彼氏は私が普通に二重だと思ってるので今更バレたくない。親が厳しいって言い訳して、お泊りじゃなくて休憩するだけにしてる」(20才/大学生)との声も。

二重をクセづけ!整形なしで理想の二重をGET!

そんな悩める女子におすすめなのが、塗って寝るだけで二重まぶたをクセづけできる「ミセルD-ラインジェル」。

最短7日で二重になった人もいるという、@cosmeでも話題のアイテムです。



「Dライン」とは、目を閉じた時にみえる「まぶたの折れグセの線」の事。
これまでの矯正は、この「クセ」を無視して強引に新しい二重を形成する方法ばかりで、なかなか上手くいきませんでした。

ミセルの『D-ライン矯正』では、特殊ジェルが凝り固まった長年の「クセ」を皮下細胞レベルでやわらげ、矯正しやすい状態にします。この最初のステップがあるからこそ「新たな二重を形成する」という次のステップが簡単に実現できるんです。

使い方は、ミセル D-ラインジェルを夜塗って寝るだけ。ミセルD-ラインジェルに含まれる引き締め成分が脂肪・セルライトを分解し、腫れ・むくみ・タルミを取り除いて、二重のクセを付けてくれます。

「二重メイク」ではなく、「本物の二重」を作ることができれば、二重メイクが崩れる心配をする必要もなくなり、彼とのお泊りがもっと楽しめちゃいます! 気になった方はぜひ試してみてくださいね♪

関連記事