2014.09.02

視覚よりも触覚&嗅覚!男をヤル気にさせる勝負下着の条件・5つ


みなさんこんにちは、恋愛コラムニストの斉田直世です!

清楚な白か、はたまた、セクシーな黒か……大好きな彼と、初めてのお泊りデートともなれば、ランジェリー選びにも気合いが入りますよね。彼女が魅力的な「勝負下着」を着けていれば、俄然ヤル気を増すのが男の性。とは言うものの、「エロい下着なら何でも燃える」ほど、男ゴコロは単純ではありません。

そこで今回は、男性のヤル気を掻き立てる下着の基本条件をご紹介いたします。

1.上下は揃える

「女性の下着は、上下揃っていて当たり前」、男性の多くは、そう信じて疑いません。しかし、ブラに比べてショーツの寿命は短いため、買い足していくうちに、チグハグになってしまうこともしばしば……。
「毎日セットアップするのは面倒」という女性は、下着を買い足す際、常に同系色、同素材のものを選ぶこと。そうすれば、自然と上下がお揃いになります。

2.色より素材

純粋さを演出したいときは白のレース、激しく燃えたいときは透け透けの赤など、私たち女性は、下着の色やデザインを重視しがちですが、男性に話を聞いてみると、「服を脱ぐのは大抵暗い室内だから、正直下着は目に入らない」という意見も少なくないんですよね。というわけで、重視すべきは、色よりも触り心地。綿ではなく、シルクやサテンなど、ツルツルとした素材を選べば、いつもよりたっぷり触ってもらえるかもしれません。

3.ほんのりいい香り

本来下着は、女性のデリケートな部分を守る大切なアイテム。汗ばむ夏や、おりものが増える生理前は、ニオイが気になってしまうこともありますよね。
勝負下着は、無臭か微香が理想。ランジェリーケースに石鹸を包んで入れておき下着に香りをうつしておく、H直前まで消臭タイプのパンティライナーをつけておく、H用の下着をポーチに忍ばせておくなどの工夫で乗り切りましょう。

4.服を脱ぐまで見えない

ノースリーブの脇からチラ見えするブラ紐、タイトスカートにうっすら浮かびあがるパンツの線……こういった女性の姿を目撃した男性は、「ドキッ」とするどころか、「だらしないな」「ガードがゆるそう」という感想を持つことが多いよう。
「服を脱ぐその瞬間まで、絶対に下着は見せない!」それぐらいの固い決意を持って着用しましょう。

5.清潔感がなければ台無し

どんなに触り心地の良いセクシーな下着でも、長年履き続けて、汚れたり、ほつれたり、穴があいたりしていたら台無しです。「ゴムが伸びてきたけど、まだ履ける」という「惰性下着」は、一度洗濯機に入れると、また履いてしまうもの。
傷んできたと思ったら、脱ぐと同時に思い切って処分! 定期的に新しいものを購入するクセを。

おわりに

付き合いが長くなったり、一緒に暮らし始めたりすると、気の緩みから下着にも無頓着になりがち。しかし、お腹まである綿のパンツ、ホックのないのっぺりとしたスポーツブラ……こういった下着姿の彼女を目にした男性は、「おばさん」や「お母さん」を連想してしまうよう。「最近、Hの回数が減ってきた」「何だか盛り上がりに欠ける」という女性は、下着の見直しが必要かもしれません。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事