2014.09.07

お金を一切かけない!簡単モテ美肌になるテク4つ


肌が綺麗なだけで、その人の魅力はアップするもの。男性にも女性にもモテモテの女性はみんなツヤツヤの美肌の持ち主ですよね。
「ツヤモテ肌になるには、高い化粧品やエステサロンに通わなければ……!」そんな風に思っていませんか?

そんなことはありません!
今回は書籍『おばあちゃんのとっておき裏ワザ集』を参考に、お金を一切かけずに、家庭にあるもので簡単にできる「モテ美肌になるテク」をご紹介します。

酢水洗顔 皮脂サッパリ・殺菌効果

「まず、洗面器1杯の水に、酢大さじ1を加えます。この酢水に肌を軽く叩いてなじませると、洗顔後の肌がさっぱりしてスベスベになります。また酢は水虫対策にも効果的です。洗面器に酢1、水1の割合で酢水を作り、足を浸すだけ。酢の殺菌作用が頑固な水虫に効果アリ。」

キッチンにあるお酢でできるこちらのテク。ピーリング効果もあるので、古い角質を取り除いてくれたり、殺菌作用により、ニキビ肌の改善も期待できます。週に2回ほどの頻度で行うようにしてみてくださいね。

塩+レモン 角質をとってツルツルに

「お風呂上がりなど、まだ肌がやわらかい状態の時に、ひじやかかとの角質が気になる部分に塩をつけ、スポンジや軽石でこすります。すると、角質が落ちてツルツルになります。また絞った後のレモンを使ってマッサージしても、レモンの漂白作用で角質が落ち、ツルツルになります。」

ひじやかかとは肌が最も分厚く角質が硬く色素沈着も起こしやすい部位。年齢を重ねるごとに悪化し、お悩みの女性も多いはず。
そんなとき、夕ご飯に使ったレモンの絞りカスでできるこちらのテクはオススメ!
レモンは美肌にかかせないビタミンCはもちろん、漂白効果やピーリング効果が抜群なんです。

米ぬかスチーム しっとり美肌

「鍋に米ぬかを入れて水を加え軽く沸騰させます。やけどをしない程度の適温まで冷めたところで、頭からタオルをかけて鍋の上に顔を寄せ、米ぬかの湯気が逃げないようにあてます。3〜5分くらいあてて、その後手のひらで肌をやさしく押さえてなじませると、肌がしっとりします。」

エステサロンでのスチームパックってとっても気持ちがいいですよね。
それを自宅の鍋を使って行っちゃいましょう!
スチーム効果で毛穴が開き、汚れがスッキリ。血行もよくなるので、肌がやわらかくなり、米ぬかの保湿成分や美容成分がしっとり肌に入っていきます。
米ぬかにはたるみを防ぐ効果も期待できるそうですよ。

米ぬかのお風呂 冷え性改善・美白効果

「米ぬかを布製の袋に詰め、お風呂に入れてつかれば、血行が良くなり、体を芯から温めてくれるといわれています。全身の新陳代謝もよくなり、体がポカポカになります。さらに冷え性や肩こり、神経痛などにも効果があります。また、米ぬかのお風呂には美白効果も。」

なかなか全身のケアすることは難しいですが米ぬかを使えば簡単にできます。全身を美白ケアしながら、毛穴もスッキリ、お肌しっとり効果で、全身モテ美肌をゲットしてくださいね。

おわりに

お金を使わなくても、工夫すれば女性は美しくなれるんです。みなさんも、これらのテクで「モテモテのツヤ美肌」を目指してみてはいかがでしょうか。

(YUE/ハウコレ)
参考:「おばあちゃんのとっておき裏ワザ集」編集・発行 大創出版
関連キーワード

関連記事