2014.09.06

TwitterにFacebook・・・本気にしちゃダメな男子のSNS上の言動・4つ


ツイッターやFacebookを使っている人は、気になっている男子をフォローしてカレの言動を毎日しっかりチェックしている人も多いのではないですか?
でも、どうやら専門家によると、SNS上の言動には「これがカレの本性なのね」と信じちゃだめなものがあるみたいなんです。
今回は、コミュニケーションデザイナーの佐々木栄造さんに、詳しくお話しを聞いてみました。
ツイートをみて「この男子性格悪いわ」とか逆に「やっぱ○○君優しい~」とか判断しちゃっているみなさんのための記事ですよ! しっかり勉強しておきましょう。

1.悪口=性格の悪さじゃない

「よく、ツイッターやFBで毒を吐く人を見て『この人は裏でこんなことを言うなんて腹黒いね』なんて言っている人がいます。でも、SNSで愚痴をこぼしたりするのはその人なりのストレス発散方法。みなさんも、友人と飲んだときに彼氏の悪口を言ったりしますよね? それと同じです。」

SNSは、たまたまいろんな人が見る場所だから、悪口を言ったりするとそれが悪目立ちしてしまうのが原因なんだそうです。
だれの悪口も言わずに生きている人なんていませんし、私も当然言ってます(笑)。
悪口を言っている男子がいたら、むしろ「なにかつらいことがあったのかな?」なんて声をかけてあげるべきかもしれませんね。

2.「いい人」は疑う

「逆に、SNS上で『いい人』的な振る舞いをしている人は、警戒すべきだと思います。この人、裏があるんじゃないの?って思うべきですね。SNSは、みんなが見ているところです。あえてそんな目立つところでいいことをしますか? 別に個別にメールをしたりすればいいのに、あえて人前でというのが胡散臭いんです」

SNS上で、失恋した男友達を慰めている男子、人にアドバイスをたくさんしてあげている男子、たしかになんだか安っぽいです。
いい人な自分に酔ってるタイプで、誰も見てなかったら何もしてくれないのかもって思っちゃいますよね。

3.非リアアピール

「ツイッターなんかはとくに、リア充アピールがとても似つかわしくない場所ですよね。まさに非リアの巣窟と言うか……。だからあえて、リア充なのに非リアのふりをしている男子もかなり多いですよ」

「一人メシなう」とかつぶやいてても、実は彼女とのデートだったりすることもあります。モテる男子にありがちなパターンだそうですよ。

4.いいね

「よく『いいね』してくれるから私のことが気になってるはず? ないでしょうね。FBの『いいね』はほとんど『どうでもいいね』と同じ。適当につけまくる人がほとんどです」

ツイッターでいうと、いわゆる「ふぁぼる」も同じ感じでしょうかね?
コメントやリプライをしてくれるなら、ちょっとは期待してもいいのかしら。

おわりに

どうでしたか?
私もたまにSNSはやりますが、やっぱりあれは遊びですよね。本気でカレのことが気になるんだったら、直接メールしたりLINEしたり、積極的にアタックしていくべきですね。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事