2014.09.06

30代女性に聞く!タイプ別、幸せな恋愛をする方法・4つ


いつも幸せな恋愛をしている女性もいれば、いつも恋愛が失敗に終わってしまったり、恋愛であまり幸せを感じたことがなかったりする女性もいらっしゃいます。

その違いを知りたく、多くの女性にインタビューした結果、両者の違いは、「自分が恋愛において、どうなれば幸せになれるタイプかを理解しているか」という点にあることが見えて来ました。今日は、インタビューから導き出された幸せな恋愛をする方法についてご紹介したいと思います。

恋愛で幸せになるためには自分がどのタイプかを知ることが大切

「恋愛で幸せになっている子は、自分がどういう恋愛をすれば幸せかをよく知っている子だと思います。追いかけるのが好きなのか、追いかけられるのが好きなのか。恋愛を一番に考えたいタイプなのか、べったり一緒にいない方が過ごしやすいというタイプなのか。」(27歳/美容)

自分の幸せな恋愛パターンや、理想の恋愛がどんな形なのかを知っているだけでも、恋愛から得られる幸福度が変わるようです。そこで今回は、大きく4つのタイプについて、幸せな恋愛をする方法をご紹介します。

1.追いかけることが幸せなタイプ

「私は、追いかけたいタイプ!常にドキドキさせてくれて、ちょっとくらい心配させてもらってこそ、どうやって相手のことを振り向かせようかと燃えます!好きな人に振り向いてもらうために頑張る、それが恋の醍醐味じゃないですか?」(22歳/学生)

どんな高級なお店でも、興味のない男性とでは時間の無駄だと感じてしまうタイプや、好きな人とであれば公園のピクニックでも幸せと思えることのできる女性は、追いかける恋愛で幸せになれるタイプです。
恋愛がうまく言っている時には幸せを感じやすい反面、恋愛で傷つきやすいタイプでもあるので注意が必要なようです。

2.追いかけられることが幸せなタイプ

「私は、いつも私だけを見ていてくれる相手じゃないと嫌です。私が他のことに夢中になっている時でも、私のことで、右往左往しているような彼を見ていると楽しい。そんなに私のことを好きでいてくれているんだと可愛くなります。」(20歳/学生)

常に自分が主導権を握っておきたい女性や、Sな女性に多いのがこのタイプです。でも、人の気持ちはコントロールしにくいものなので、追いかけさせているつもりが、相手にうんざりされてしまうこともあるようで、難しいところもあるようです。

3.彼の条件や肩書きで幸せになるタイプ

「付き合う相手には、ある程度条件があります。好きな相手だったらいくら貧しくても一緒に頑張れるとは言えません。
身長や見た目は生まれつきのものだから、自分の子どもに良い遺伝子を残してあげたいと思ったら、やっぱりそれなりに外見も大切だと思うんです!」(25歳/アパレル)

付き合う時に、お互いの気持ちよりも条件が気になるタイプの方、お金や肩書き、外見など、彼の気持ちよりも、彼と一緒にいることで得られるものに優越感や幸せを感じるタイプの方です。
ただし、彼本人ではなく、彼に付随しているものは、変わったり失われたりする可能性も高いため、条件が崩れてしまった時には、その恋を続けるのは難しいかもしれません。

4.恋愛にはまりたくないタイプ

「そもそも、恋愛で、この人のことが好きで好きでたまらないなんて感情は経験したことがないです。恋愛よりも面白いことがたくさんあるし、好きという恋愛感情なんて、脳の勘違いだと思っています。だから、一緒にいてラクな相手で、自分の希望を叶えてくれる相手であれば、嫌な相手でなければ別に幸せかも。」(27歳/商社)

恋愛に対する執着心はあまりなく、他に自分が興味を注げるものを持っている女性はこのタイプ。むしろ、恋愛で心を動かされることを煩わしいとさえ感じるようです。
このような方は、お互いに利害関係が一致する相手や、最初から家族のように気兼ねなく信頼できる相手と付き合うことでうまく行くようです。

おわりに

もちろん、付き合っている間に他のタイプの魅力を知ることもあると思いますが、そこには長い時間が必要なようです。まずは自分の理想の恋愛タイプを知り、それを叶えてくれそうな相手を捜すことが、幸せな恋愛をするための近道と言えそうです。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事