別れてからが勝負!?復縁可能性のある別れ方ランキング


こんにちは、ぽこひろです。
その気もないのについつい勢いで別れてしまった。一方的にカレに振られたけど、復縁できるならしたい。
そんなふうに思っている人も多いのではないでしょうか? たしかに若いカップルだと、別れてからも復縁なんて全然ありますしね。
そこで今回は、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに「復縁可能性のある別れ方ランキング」を考えてもらいました。
みなさんのチャンスの大きさは、果たしていかほど~♪

1位 大ケンカ

「ケンカ別れなんて、もうほとんど別れてないのも一緒。親に向かって『もう家出する!』というのと同じですね。必ずといっていいほど戻ってきます。復縁するでしょうね。本当にキライな相手とは、ケンカするほどのエネルギーも沸いてきませんよ普通だったら」

やっぱり、という結果ですね。
ケンカ別れをして友達に行ったり、SNSに書いたりしていると結局をヨリを戻してしまって恥ずかしい思いをしてしまうこともしばしば。

2位 浮気

「意外かもしれませんが、どちらかの浮気が原因で別れても、結構もとに戻りますよ。浮気をしてたって、お互いに相手のことはまだ好きだろうし、やっぱり浮気をされたくらいじゃ相手のことを簡単には嫌いになれませんからね」

浮気をしたほうが、よほど浮気相手にゾッコンでなければ、浮気をされてしまったほうが許すという形で歩み寄るパターンが多いそうです。
浮気をきっかけにカップル内の愛情が確認され、さらに愛が深まるということもあるようです。長続きしているカップルには、どちらかが浮気したことのあるカップルも少なくないんだとか。

3位 彼氏が一方的に「さよなら」

「可能性としては1、2位よりぐっと下がるけど、音信不通的なのもそれほどなくはないと思います。
だいたい彼氏のほうが忙しくなって急に『さよなら』別れたり、ってのが多かったりするけど、また時間が経って彼氏のほうが戻ってくることもありますから。自分勝手すぎる気もしますけどね(笑)」

あとは、女子のみなさんがそれに応えてあげるかどうかではないでしょうか?
よく、「男子は元カノを一生好きだけど、女子はすぐに忘れる」なんて言いますね。それくらい、男子からしたら復縁って魅力的なんです。

最下位 冷戦別れ

「一番ないのは、ある日をきっかけに急にギクシャクしはじめて、そのまま連絡もロクに取れなくなって、冷戦状態が続いたまま別れるパターン。ケンカをして大爆発しないから、不満が解消されないし、しかも相手に対して『なんで黙ってんだよ』という不満がさらに募ってしまいます。二度と復縁はないでしょうね」

怖いのは、本当にくだらないきっかけから、こういう冷戦状態がはじまってしまうことです。
日常的な相手への小さなイライラが凝り固まって、ピークに達したらもう冷えっ冷えのピリピリ。たまに大きなケンカをし合うカップルのほうがよほど健全な気もします。

おわりに

いかがでしたか?
注意してほしいのは、いくら復縁可能性が高くても、また別れる可能性だってたぶんにあるということです。
あまりに別れと復縁を繰り返しているようならば、わが身のためにも周りのためにも、どこかでエンドレスループを止めるのも勇気かもしれません。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)