2014.09.08

デトックス効果で-3kg!?ダイエットに効く「朝スムージーレシピ」


ダイエットしたい人におすすめなのが、朝食をスムージーに置き換える方法。摂取カロリーを抑えつつ、豊富なビタミンを摂ることで痩せやすい体質に変わっていきます。今流行のスムージーですが、ただの流行ものと思うなかれ!ダイエットするための成分がてんこ盛りです。

ダイエット&デトックスレシピ

ダイエットの第一歩はデトックスです。そこで、私のお勧めするダイエット&デトックスレシピをご紹介します。

<特製バナナスムージー>  
・バナナ (一本) 
・低脂肪牛乳(50~100cc)
・豆乳(50~100cc)
・きな粉 (小1)
・すりごま (小1)
・ココアパウダーまたは緑茶の粉末 (適量)

⇒これらをミキサーにかければ完成です。


<ヨーグルト>
・低脂肪または無脂肪ヨーグルト (適量)
・フルーツ (適量)
・アーモンドパウダー (適量)

<ハーブティー>     
・ローズヒップ (適量)
・ハイビスカス(適量) 
・しょうが (一片) 
・蜂蜜または黒砂糖またはゼロカロリーのステビア

バナナスムージーとヨーグルトからは下記の栄養素を摂ることができ、ダイエットに効果的です。
・牛乳:カルシュウム
・豆乳・きなこ:イソフラボン
・すりごま:セサミン
・ココア:ココアポリフェノール
・緑茶:カテキン等
・蜂蜜:ポリフェノール

すべて食物の力=ファイトケミカルが、酵素の力で消化を助けたり、身体の活性酸素を取り除いたりしてくれたりします。


さらにハーブティーには次のような効果があります。
・ローズヒップ:ビタミンC
→ 嚥下(えんげ)(便通を促す)作用
・ハイビスカス:クエン酸 
→疲労回復

・しょうが:ショウガオール 
→体温上昇、がん予防

スムージーのダイエット効果

私がご紹介したレシピは、すべてを摂取しても300kcal 程度です。
ちなみにバナナのカロリーは一本80kcalです。もちろん大きさにもよりますが、以外とカロリーが低いのです。その割に腹持ちが良く、食べた後はお腹があまり空きません。バナナは炭水化物も含んでいますから、頭が糖不足でボーっとすることもありません。(最新のアンチエイジング医療では脳にとって「糖は摂取しない方が良い」という流れがあります。)

注意点

こんな例がありました。このレシピを実践しても「痩せない!」、逆に太ったというのです。お話を伺うと、いつもの食事プラスでこの「レシピ」を実行したそうです。少し驚きましたが説明不足に反省です。このレシピはいつもの朝食と置き換えて実践してくださいね。
さらに不味くて飲めませんという方がいました。レシピのすべて(ジュースだけでなく、ハーブティー・ヨーグルトも一緒に)をミキサーで混ぜたらしいのです。確かにかなり不味そうですね。

最後に

バナナが嫌いな方は他のレシピで実践してください。スムージーの本が沢山出版されているので参考にしてくださいね。
このレシピを続けることで摂取カロリーが減り、痩せていきます。さらに、デトックス効果でものすごく便通がよくなります。平均すると3~14日ほどで、1日に便通4~6回の日がおとずれます。ここで宿便がとれ、1~3kg体重が落ちます。
その後は1日一回に戻りますが、私の場合は毎日立派な「バナナうんち」がでますよ。
さぁ貴方も立派な「バナナうんち」の仲間入りをしませんか?

(林田玲子/ハウコレ)

関連記事