2014.09.09

「彼氏が欲しい」と思った時に必ず押さえておきたい4つの男心


「彼氏が欲しい」と思った時、あなたはまず何をしますか? こう質問すると、ほとんどの人はダイエットやメイク、イメチェンといった「自分磨き」と答えます。しかし、「彼氏が欲しい」と思っているにもかかわらず、「女性視点から見て魅力的な女性」を目指そうとする人がほとんど!! そう、彼氏が欲しいのに、男性心理を知ろうとしていないのです。ということで、今回は身近にいる男性に「どんな女性となら付き合いたいか」という質問をしてみました。

1.追いかけたくなる女子が好き

「自分に好意を持ってくれるのは嬉しいけど、あんまりガツガツこられると引いちゃいます。飢えてるのかな……って思っちゃいます。」(27歳/金融)

最近では「肉食女子」という言葉もよく聞かれ、積極的に男性にアプローチする女性も増えて来ています。しかし狩猟脳を持つ男性は、「獲物を狩ること」に楽しさを見出します。よく、「手に入りそうで入らない女性を追いかけたくなる」という言葉を聞くように、それも古代から受け継がれて来た「男の本能」なのでしょう。逆に女性から迫られると「もっと良い女にチャレンジできるかも」という気持ちから、その女性をむしろ邪険に扱う傾向があります。とにかく「追われるより追いたい」というのが男心。「追いかければ捕まえられるかも!?」くらいが男性を一番夢中にさせます。

2.「尽くす女」より「ワガママな女」が好き

「付き合いたての頃は尽くされる事に喜びを感じますが、それでは徐々に母親のような存在に……。彼女というよりお母さんに変わり、魅力が薄れていきますね」(25歳/運送)

好きになった男性に尽くしてしまう女性は多いです。しかし、やり過ぎは逆効効果。むしろそういう存在になれば、彼女としての価値を失います。男性をあなたの虜にさせたければ、彼を喜ばせようとするのはやめて、彼の言動を喜びましょう。その具体例の一つが、多少わがままを言ったり、難しいお願いをする事。そうすると彼は、「俺のこと頼りにしてるんだな」「俺にだからこんなことを言うんだな」と密かに喜びます。「便利で都合のいい女」ほど彼の「宝物」にはなりにくいと覚えておきましょう。

3.「チヤホヤ」してくれる女子が好き

「褒められて嬉しくない男はいないと思いますよ。基本的に男って単純ですからね。」(29歳/インストラクター)

「男は単純」という言葉、あなたも聞いた事があるのではないでしょうか。この言葉は紛れもない事実なので、しっかり心に刻んでおきましょう。褒めて、おだてて、特別扱いする。「○○くん、凄い!」「カッコイイ!」「素敵!」「やっぱり違うな」などの言葉を駆使する。
すると、ほとんどの男性は驚くほど分かりやすく喜びを表現します。ですから「いいな」と思った男性には、素直にその気持ちを伝えましょう。「異性として好き」というのではなく「こういう所が凄いと思う」「こういうのってカッコいいね」などの言葉でフランクな好意を伝えます。その言葉が相手を喜ばせる事が出来れば、相手の方からもあなたとの距離を縮めようとしてくれますよ。

4.男は「自分より弱い女」が好き

「ギャップで弱さを見せられると、キュンとしますね。守ってあげなくちゃって思います。」(28歳/SE)

強く、逞しく、尊敬される男でありたい。ほとんどの男性はそんな願望を胸の内に抱いています。だから彼らは「自分を頼ってくれる、か弱い女性」が大好き! 逆に「自分を見下す強くてなんでも出来る女性」とは距離を取りたがります。「強さ」は肉体的なものに限らず、金銭面にも関係します。だからこそ「給料が高い仕事についている」「東大卒業」などの「強さ(ステイタス)」を持つ女性が「弱さ」を見せると、ギャップ効果も手伝い実によくモテるのです。「強いと思っていたけれど、なんだ、可愛いとこあるじゃん」という具合です。気になる男性の前では強がらずに「虫が怖い」「雷が苦手」「計算が不得意」などの弱さを素直に見せるようにすると、恋が始まりやすいと心得ておきましょう。

おわりに

いかがでしたか?
もしもあなたに「気になる人」が出来た時には、今回紹介した男心を思い出してみてください。きっと、あなたの恋のお役に立てるはずです。

(恋愛ウォッチャーaYa/ハウコレ)

関連記事