2014.09.10

俺じゃダメなのか?自信をなくす「彼女の言動」・4選


つき合っていれば、相手の言動で心が離れてしまうことはだれしもあります。そんなつもりはなくても、男性にとっては自分を否定されているような気持になり、その結果恋人関係にヒビが入るなんてことも。今回は、取材した男性の意見を元に、つき合っているときに「俺じゃダメなのか?」と思わせてしまうことを4つ紹介します。

1.元彼話

「こっちがミスをすると、元彼ならどうだったとか言われたときに落ち込んだ」(23歳/大学院生)
「たまにならともかく、頻繁に元彼の話をされると未練でもあるのかと感じる」(21歳/飲食)
「あまりしつこいと、元彼と別れたさみしさを埋めるために俺といるのかと思えてくる」(26歳/教育)

意外かもしれませんが男性は嫉妬深い人も多いため、あまりにも頻繁に元彼の話を話題にしていると嫉妬心が芽生えてきます。なかには少し話題にしただけでその日一日の機嫌を損なってしまう人もいるほど。別に元彼と比べているなんて深い意味はなくとも、前に付きあっていたときのエピソードは控えた方がいいでしょう。平気そうにしていても、男性は内心で落ちこんでいるかも。

2.束縛

「一緒にいないときのことを毎回確認されるとウンザリする」(27歳/アパレル)
「どこ行ってなにしてたか説明しないと相手が納得しない。そんなに俺って信用されてないのか…?」(24歳/SE)
「土日の予定を毎週聞かれる。まるでほかに予定を入れるなと言わんばかりに。正直しんどい」(22歳/学生)

束縛を嫌がる男性は多いです。自由を感じられないからというのも理由にはありますが、「自分を信用してもらえていない」と感じるのも嫌がられる原因の一つです。彼に怪しい影を感じたときには仕方がありませんが、なにも怪しい影がないときでも予定を聞きまくるのは止めておきましょう。不用意に彼との距離を広げてしまう原因になりかねません。

3.愛情確認

「同棲してるけど、毎日毎日『愛してる?』と聞かれる。愛してないと思ってるからしつこいのか?」(24歳/銀行員)
「なにか言わなければ彼女は不安になるようで、いつも相手を褒められるところを探しています。けっこう義務っぽくなってて辛いです」(29歳/法曹)
「愛してるから一緒にいるのに、いちいち口に出さなきゃ安心できないのって俺の信用低い証拠なんじゃないの」(19歳/販売)

彼から直接愛の言葉を聞きたいという乙女心は可憐でステキですが、連発しすぎるともはや彼にとっては可憐でもなにもない暴力的な言葉と成り果てます。

そもそも、相手にわざわざ直接愛の確認をするのは、「私のこと本当は愛していないんじゃないの?」という意味に受け取られる可能性があるのです。口下手な男性からムリヤリ言葉を引き出すのではなく、愛してるかどうかは彼の行動から確認するようにしましょう。

4.仲直りに時間がかかる

「ケンカしてからすぐに修復できないと、相性悪い気がして不安になる」(27歳/Webデザイナー)
「こっちが悪いって認めても、彼女はいつもしばらく引きずって不機嫌。なにがそんなに不満なんだろう…」(29歳/フリーライター)
「元カノとはすぐに仲直りできたのにって感じる」(20歳/大学生)

これは相性の問題を考えさせられるとのこと。相性がよければ、ケンカしたとしても仲直りが早いと男性は感じるようです。あまりに大きなケンカであれば時間がかかっても当然ですが、些細なことでケンカが長引くと不安を抱かせてしまいます。
些細なきっかけであれば、彼をすぐに許してあげる心の広さをもってあげてください。

おわりに

そんなつもりはなくても、男性にとっては「自分ではダメなのでは?」と自信を失う結果につながる言動がままあるもの。「あなたで大丈夫だよ」と思わせてあげるためにも、男性の自信を失わせる言動は極力控えましょう。

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事