2014.09.10

恐怖!ダメンズにひっかかりやすい女性の特徴4つ


付き合った相手がいつもダメな男…と、悩んでいる女性はいらっしゃいませんか?ダメンズばかりを捕まえてしまう女性には共通する特徴があるようです。

今回、女性に「ダメンズばかりを捕まえてしまう友人の特徴」についてインタビューしたところ、「ダメンズにひっかかりやすい女性の特徴」が見えてきたのでご紹介します。

1.運命や占いを信じすぎる女性

「彼女は、雑誌の占いを毎月真剣に読むタイプ。どう見てもダメな男なのに『占いで、この出会いは運命の出会いって書いてあったから!』と言って周りのアドバイスに聞く耳持たず。別れてから『もっとみんなの意見を聞けば良かった』と反省していました。」(22歳/学生)

出会いやきっかけを運命として捉えるなど、占いを信じている女性は、「恋愛運が良い時に出会った相手だから、きっとうまくいく」と信じて、うまくいかない時期でも耐え抜こうとする傾向があります。

そこまでして、耐え抜くほどの相手かどうか、本当に自分を幸せにしてくれる相手かどうかは、自分の目で見てしっかりと確認するなど、占いよりも自分を信じてあげる方が大切なようです。

2.何かをきっかけに彼が変わると信じている女性

「友達が見つけて来た男性は、ずっと職に就いていない男性だったので、辞めた方がイイよと周りはみんな忠告していました。でも本人は『結婚したら仕事頑張ると彼も言ってくれているから』と言ってそのまま結婚して、結局彼は変わらなくて離婚しちゃいました。

『何かあったら変わるから』と言っている間は男は変わらないですよ。そんな男の言葉を信じてはダメだと思います。」(27歳/ホテル)

就職したら、結婚したら、子供が生まれたら、と何かをきっかけに彼が変わると信じている女性がいますが、そう簡単に人は変わりません。彼は変わらないものと考えて、それでも付き合い続けることができるのかを考えた方が良さそうです。

3.彼の短所を長所と思っている女性

「金遣いの荒い男性と付き合っていた友人がいるんですけど、『彼は、豪快な人だから』と言って付き合い続けていました。でも、いざ結婚しようとした時に貯金がゼロで、親も反対して別れたという子がいます。本当に彼の長所が周りから見ても長所なのかは、客観的に見た方がイイと思います。」(25歳/ウェディング)

ひどいところだと、DVをしてくる男性がいます。その男性から女性が離れられない理由の一つとして、「暴力の後に優しくしてくれるから」「本当は彼は優しい人だから」という理由が挙がりますが、それは、長所ではなく短所です。
自分が彼の長所だと思っているところは、誰から見ても長所なのか、確認しておきたいところです。

4.とにかく結婚したいがために我慢し続ける女性

「周りの友人も結婚してきていて、結婚したいとあせっていた友人が、やっと捕まえた彼に対して何があっても我慢し続けていたことがありました。最後には浮気も許したりと。もう辞めなよと言っても全く聞いてもらえず、最終的には、彼から別れを告げられてすごく泣いていました…」(27歳/旅行)

金遣いが荒い男性にお金を貸した友達が「結婚したら財布も一緒になるんだし」と勝手に結婚を前提に考えて、我慢し続けていた、なんて話もありました。これは現実問題を直視していないケースです。

いくら我慢したとしても、相手の気持ちが変わったり、責任をとる気がなかったりと、結婚できない可能性もあるので、嫌なことを我慢し続けるのは、間違っているようです。

おわりに

こうしたダメンズにはまってしまわないように、彼ができたら友達にも会ってもらい、客観視点を取り入れておくことが大切なようです。また、ダメンズと付き合ってきた女性の多くは、「一番幸せだった瞬間は?」という質問に「彼と付き合い出した時と、彼と別れた時」と答えています。振り返ってみて、今、付き合い出した時よりも幸せではないかも、と思うのであれば、もしかしたら彼はダメンズなのかも…。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事