2014.09.12

モテの基本!聞き上手になる方法・4つ


人はみんな自分を理解してくれる人や居場所を求めている生き物。そこに男性からも女性からもモテモテな女性の共通点があるのではないでしょうか。
そこで、筆者はまわりのモテモテの女性たちを観察……。
発見しました!彼女たちはみんな「聞き上手」だったんです!
そこで、今回は大創出版の『会話が10倍楽しくなる「聞き方」の技術』を参考に「モテモテの聞き上手になるテクニック」を探っていきたいと思います。

1.心理学テク ミラーリング

「話を盛り上げたい場合、相手の表情やしぐさをそっくりマネするテクニックがあるのをご存知でしょうか?『そんな失礼な。ふざけた態度をとると相手は怒るでしょ? 』と思う人もいるかもしれませんが、何を隠そうれっきとした心理学でいうところのミラーリングという相手の動作をマネること。」

医学書によると、人間は無意識に好意を持つ同士で同じ行動をとることが多い動物なのだそう。それを逆手に取って相手の動作をミラーリング!たとえば、カフェに2人でいたとしたなら、相手がコーヒーを飲んだら自分も飲み、笑顔になったら笑顔になり、手を組んだら手を組むなど……。
コツは、自然な間をあけて、さりげなく行うことですよ~

2.口角アップで好感度もアップ

「笑顔も聞き上手の大事なアクセント。ここで大事なのは笑顔は一番簡単な好意アピールという点です。端的に一緒にいて楽しいと相手に伝える笑顔は、相手の不安を吹き飛ばし心開かせる効果があるのです。」

ブスッとした暗い表情をしている人とは、誰も一緒にいたくありませんよね。笑顔で「うん、うん」と相手の話に耳を傾けるだけでも、あなたといるとなんだか居心地が良いなぁと思ってもらえます。自分が口ベタだなぁ~と思っている人ほど口角を意識して上げてみて。

3.譲りの精神で癒し系キャラ

「大きな心でゆったりと話が聞ける人は、まず相手の気持ちや事情に心をかたむけ、理由を聞いて、『争い事はよくないけど、気持ちはわかる』と共感できるのです。自分の常識を押し付けず、相手の気持ちと感情を受け止めるという聞き方。自分の常識を振りかざさず、むしろ一歩引く。そんな譲りの精神こそ、聞き上手の真骨頂なのです。」

女子会でディベート大会みたいになっているとき、楽しいですよね……。ですが、モテモテになりたいのなら、会話は譲りの精神で!相手をもてなす気持ちを忘れないことが大事ということなんですね!

4.斜め45度の魔法で安心感 

「視線の問題は相手との距離や座っている位置にも関係があります。あまり近すぎても威圧感を与えるし、まっすぐ目をみて話せない人なら正面に座るのは避け、自然と視線が合う斜め45度ぐらいの位置に座るのがいいでしょう。そうすることで相手に安心感を与え、聞く側も落ちついて聞くことができます。」

人と話すときはちゃんと相手の目をみなさいってよく聞きますよね。でも、じーっと見られるのは相手に失礼になることもあるし、緊張感をお互いに覚えてしまいます。
自然と相手と視線を合わせたり、外したりするタイミングを計るのってなかなか難しい!
そんなときは斜め45度の位置に座ってみて!相手と自然と視線が外れて相手に安心感を与える魔法の角度テクニックです。

おわりに

「口ベタだし~」「癒し系じゃないし~」なんて人でもこれらを参考にして相手とコミュニケーション!モテモテ聞き上手になってくださいね。

(YUE/ハウコレ)

参考:「会話が10倍楽しくなる「聞き方」の技術」編集・出版 株式会社大創出版

関連記事