2014.09.15

非モテ一直線!男性が嫌がる女性のオヤジ言動・5選


女性らしさは多くの男性に支持されるため、女性の可憐でおしとやかな雰囲気が一切感じられない対極の印象を与えてしまうオヤジ行為には、多くの男性から悲鳴があがっています。今回はシュア材を元に、男性が嫌悪感を抱いてしまう女性のオヤジな言動を5つ紹介しましょう。

1.下ネタ乱用

「下ネタを惜しみなくかましてくる女は女を捨ててるとしか思えない」(20代/美容師)
「もうその着ぐるみ脱いでオヤジだってことカミングアウトした方がいい」(20代/営業職)

もともと下ネタを使う女性に対して敬遠されがちなのに、連発するとはある意味恐れを知らない勇ましさすら感じられます。なかには「カワイイ女の子食いたいわぁ」と衝撃発言をする猛者もいるとのこと。ちなみにその男性曰く、一瞬冗談に聞こえなかったらしいです…

2.笑い方が豪快

「男でもなかなかしないような『ガハハ!!』って笑い方するのが職場に存在してます」(30代/SE)
「手叩きながらものすごい張った声で笑ってるの見るともう男にしか見えない」(20代/販売職)

笑うことはとても素晴らしいことです。楽しげに大笑いするのもいいことです。しかし、笑い方はとても大切です。笑ってる本人は楽しくても、周りは楽しい気分ではなくなってしまいます。それに、上品さを微塵も感じられない笑い方は、品位を欠いている人だと捉えられてしまい男性から距離を置かれる原因となるようです。

3.自虐ネタで笑いを取る

「モテないことを笑いに転用してるのは、なんか女捨ててるお笑い芸人見てる気分」(10代/学生)
「なぜ自虐に逃げて女性の魅力を磨かない。諦めてる感じも伝わってくるから余計イヤだ」(30代/クリエイティブ系)

「私ってクソだしさぁ(爆笑)」「女捨ててるからコワいもんなしよ!」など、フルスイングで自虐をしていると「諦め」が感じ取れてイヤな気持ちになるとの意見が複数ありました。なかには「ぶりっこせずに欠点をアピールできるのはある意味スゴイ」とのことでしたが、恋愛対象になるかと聞いたら「そういう意味で言ったと思えるの?」と少し恐い感じで言われました。

4.大音量クシャミ

「スゲエクシャミが聞こえて音の方を反射的に振り向いたら、フロアの遠くにいる女がもう一発かましててあせった」(20代/SE)
「新しい攻撃方法かと思うぐらい不愉快。周りに対する気遣いだとか一切考えてないってことでしょ」(20代/アパレル)

周りに対する気遣いなんてお構いなしな態度があり得ない、という男性意見です。クシャミをするのは仕方がないですが、どういう風にクシャミをするのかはその人のひととなりが現われます。清楚さなんて私には無関係ですよとアピールしているようなものです。「ビルが崩れるからやめてほしい」と言った男性の意見には笑ってしまいそうでしたが、言った男性が真顔だったので笑えませんでした。

5.音声付きあくび

「……なんのアピールだよ。わざわざ音出さなくてもできるだろ……」(30代/専門職)
「わざわざ声出してるのかな…擬音もバッチリな完璧なアクビで大口開けてるのは悪い意味で絵になりますね」(20代/SE)

口を大きく開いて隠すそぶりもなく、それだけでも女性らしさが感じられないとイヤがられていました。加えて「ふわぁ~~……」とマンガの吹き出しに出そうな音までだすと、下品に見えて仕方がないとのことです。クシャミの破壊音とは異なって、小さな音で男性を攻撃する方法のようですね。

おわりに

男性の目など気にも留めない勇猛さが感じられて、ある意味感心してしまいます。しかし、周りを気にしなければいいというわけでは決してありません。男性からの意見は総じて厳しいため、オヤジっぽさは中年男性にお任せした方がよさそうです。

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事