2010.09.30

彼と二人でオフ会参加…?オタクくんとラブラブになる方法

アニメやゲームのみならず、○○オタクという言葉はすっかり一般的になりました。

好きになった相手がオタクだった、なんてこともざらにあるはず。

 

相手の特殊な趣味を知ってもまだ好きだと思えるのなら、あなたの愛は本物!

そんなあなたを応援するため、オタクと上手につきあう方法を提案します。

やめてと言わない

あなたが相手の趣味に嫌悪感を抱くほどではないのなら、けっして「やめて」と言ってはいけません。誰だって自分の趣味をやめることは苦痛です。まずは許容することから始めてください。相手が趣味に没頭している時は放っておいて、自分も趣味を楽しむくらいのゆとりを持ちましょう。

触っていい物とダメな物を確認する

オタクの部屋は趣味の空間であることがほとんど。あなたにとってはなんの意味もないガラクタでも、相手はとても大事にしているかもしれません。女性にありがちなことですが、掃除と称して勝手に触ったり動かしたりするのはNG。

つまらないことでケンカをする前に、相手の大事な物をきちんと確認しておきましょう。

趣味の話は楽しく聞く

相手が趣味の話を始めたら、楽しそうに聞いてあげましょう。相づちを打つだけでなく、たまには質問をはさむことも大切です。そうすれば相手はきっとあなたとの会話を楽しく感じるはず。

重要なのは相手の言うことを絶対に否定しないこと!確実に相手の方が詳しい分野で知ったかぶりの反論なんて愚の骨頂、ケンカのもとにしかなりません。

たまにはヤキモチを妬く

基本的にはオタク趣味を広い心で許すスタンスを取るのが正解ですが、たまにはヤキモチを妬いてみるのもオススメ。そうすることで相手にあなたの愛を再認識させることができます。ただし、私と○○とどっちが大事!?と二者択一を迫るのはタブー。あくまでかわいく、ちょっとスネる程度がいいでしょう。

オタク仲間の集まり(オフ会)について行く

これはかなりの高等テクニックです。挑戦するのなら、ある程度長くつきあってからにすること!上記のポイントを押さえた菩薩のようなあなたの行動の数々は、きっとオタク仲間に伝わっています。そこで初めて顔を合わせれば、素敵な恋人でうらやましい、なんて言ってくれる人もいるかもしれません。そうなればしめたもの。

相手の虚栄心をくすぐりつつ、あなたの価値を一気に引き上げることができます。

最後に

オタクは基本的に、自分の趣味が特殊であることを自覚しています。

そこを上手に転がしていけば、相手はきっとあなたの虜。いつしか趣味以上に大切にしてもらえる日まで、がんばってください!

関連キーワード

関連記事