2014.09.15

「飲み会で清楚と錯覚させる」4つの超簡単テクニック


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

飲み会で最もモテるキャラが“清楚”であることは、今も昔も変わりません。どんなに美人でも、明るくて性格が良くても、多くの男性はそれだけで「本命の恋人にしよう」と思うわけではないのです。

一方、女性たちは清楚なイメージを与えるために、服、小物、ヘアメイクを工夫する人も多いのですが、それだけでは“出オチ”の危険性大。飲み会のスタートから1時間程度はそれなりにモテても、徐々に「私よりもかわいくない」「全然イケてない」女性に負けてしまうことがあるのです。そんな女性が男性たちから“清楚”と思われる理由には、どんなものがあるのでしょうか?

1.順番を“男性のあと”にする

最も簡単なことなのに、できていない人が多いのがこれ。「男性のあとを歩く」「男性のあとに座る」「男性のあとにしゃべる」「男性のあとにメニューを見る」「男性のあとにオーダーする」「男性のあとに飲む、食べる」「男性のあとにお酒のおかわりをする」。

男性の感覚では、“メンズ・ファースト”=清楚。飲み会では、どんなことでも男性のあとに行うことで、好印象を与えることができます。もし男性が「先にどうぞ」と言ってくれたら、「ありがとう」と受け入れればいいのですが、それ以外は先にやることで何も得することはありません。

2.ゆっくり動き、ゆっくりしゃべる

どんなに見た目が清楚でも、台なしになってしまうのが、次に挙げる言動。「早口でしゃべる」「ゲラゲラ笑う」「うなずきやあいづちが多すぎる」「食べるのが早すぎる」など、落ち着きのない話し方や振る舞いをすると、恋愛対象から外されやすくなります。

これらの対策は、「ただゆっくり動いて、ゆっくりしゃべる」だけ。たったそれだけで男性たちは「おしとやか」「女の子らしい」「穏やか」、もっとうまくいけば、「優しそう」「お行儀がいい」「きっといい子」という好印象を与えられます。

3.最初ではなく、2・3度目に動く

飲み会で多くの女性がカンちがいしているのは、「最初に動く女性は気が利く」と思っていること。男性たちが、気が利く女性を見て清楚なイメージを持つのは事実ですが、最初に動いてはダメなのです。たとえば、ドリンクの追加オーダーをするときや、大皿料理を取り分けるときをイメージしてみてください。

最初に「何か注文する?」と尋ねたり、「これどうぞ」と取り分けた料理を渡したりする女性は多いのですが、これだけでは“気が利く”イメージは与えられません。むしろ、2度目、3度目の追加オーダーや取り分けをする方が“気が利く”と思われるのです。誰もが見て分かりそうな1度目ではなく、「オレのことを見ていて、気づかってくれたんだな」と感じる2度目、3度目を意識しておきましょう。

4.体のパーツを少し引いてみる

「服やヘアメイクはイイ感じなのに、惜しいな」と思うのは、体のパーツが前に出ている女性。特に多いのは、飲み会が1時間程度過ぎると、徐々に姿勢が悪くなり、「あごを出している」「両手をテーブルの上に出している」「いかり肩になっている」「お腹を出している」「足を投げ出している」姿をよく見かけます。

自分では気づいていない人が多いのですが、これらの対策としては、「目の前の女友達を見て反面教師にする」「ときどきトイレなどで席を外して姿勢を直す」「姿勢がよくなりやすいジャケット系の服を選ぶ」などがあります。

彼の目に入る全てがあなたの印象

考えてみてください。あなたが「今日は清楚な服やヘアメイクにしよう」と思ったとき、どんなものを選んでいますか? 「華やかなもので押す」のではなく、「少し抑えめのもので引く」のではないでしょうか。「少し抑えめのもので引く方が男性の評判がいい」のは、服やヘアメイクだけではなく、今回紹介したような言動も同じなのです。

飲み会という短期勝負の場では、彼らの目に入るもの全てがあなたの印象になるもの。清楚さで彼の心をつかんだら、あとはあなたの自由です。しばらく清楚キャラを通してもいいし、本来のキャラを徐々に出してもいいでしょう。最初の目的は、「モテて、誘われること」であり、デートをしてみて、あるいはつき合ってみて、「合わない」と思ったのなら、別れてしまえばいいのです。

最後に。見た目やステイタスのある男性ほど、清楚な女性を好み、大切にする傾向があるので、ぜひ一度試してみてください。

(木村隆志/ハウコレ)

関連記事