2014.09.18

この時期気になる「毛穴の開き」!正しいケア方法は?


この時期、気がつくと毛穴が開いていたりしませんか? 
毛穴が開いていると汚れが詰まりやすく、肌のキメが荒くなりくすんでしまいます。季節的なこともその一因と考えられますが、本質は別のところにあるのです。

1. 皮脂のバランスが大事

毛穴の開きの原因に、皮脂の過剰分泌が挙げられます。
皮膚の表面というのは、皮脂膜という皮脂と汗の混ざった膜によって保護されています。
この皮脂膜は、肌の水分を逃がさないようにする保湿の役目と、外部刺激から肌を守るという役目を持っています。

このように、皮脂が無くては肌の健康を保つことができません。特に顔の中ではTゾーン(眉間、鼻)が皮脂を多く分泌します。皮脂が多く、顔のテカリが気になるからといって、洗顔をしすぎると皮脂が不足しがちになって乾燥肌になりやすくなります。
また、慢性的に皮脂が足りていない場合、皮脂腺が過剰に皮脂を分泌するようになります。

逆に皮脂があまりにも多く分泌されるようになるとホコリや汚れ、角質などと混ざり合って角栓となります。角栓は毛穴の中で酸化していくことによって周辺の皮膚に悪影響を与えてしまいます。それにより新陳代謝が落ち、角質のターンオーバーを阻害するのです。

このように、皮脂量をバランスよくコントロールすることが、毛穴を綺麗に保つための大事なポイントです。

2. メイクで毛穴が開く

女性の場合はメイクによって毛穴の開きが起こりやすいです。
実は皮脂とメイクはとても馴染みやすく、混ざりやすい性質を持っているので簡単に角栓が出来てしまうのです。メイクは肌に馴染ませ、毛穴を塞ぐように行うため、メイクを行わない人と比較すると毛穴が詰まりやすく、開きやすい状態になりやすいので注意が必要となります。

3. 毛穴詰まりを解消するには

毛穴詰まりを解消し、毛穴を締めるには、先ず汚れやメイクをしっかり落とすことが大切です。
つまり、しっかり洗顔することです。しかし、ゴシゴシ洗いは肌を傷つけてしまい逆行効果になってしまうので気を付けてください。先ずは硬くなった角栓を温めて毛穴を緩めてください。そして毛穴が緩んだらクレンジング(洗顔)で皮脂や角栓を取り除くようにしましょう。

それでも毛穴の角栓が気になる場合には、ピーリング効果のある洗顔料やスクラブ洗顔料を利用したりするなど、肌に負担のかからない方法を選ぶようにしましょう。

そして最後に毛穴の角栓を取り除いたら、化粧水やローションなどで十分な保湿を行い、収れん作用のある化粧水などで毛穴を引き締めるようにしましょう。

よく、毛穴パックで角栓がスルスル取れるので気持ちが良い、と使用を繰り返す人がいますが、実は肌や毛穴に大きなダメージを与えている場合が多いので注意し
てください。強制的に角栓を取ってしまうと、その部分の毛穴から急激に大量の皮脂が分泌されるようになります。これは肌が弱酸性を保つために行っているのですが、毛穴の新陳代謝を下げる原因になってしまいます。

おわりに

毛穴を綺麗にしないと、肌も凹凸になりメイクも綺麗にできません。毛穴を整え、いつまでも美しい肌をキープしましょう。

(下山 一/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事