「また会ってくれませんか?」と言われる会話・ 4つのポイント


初めまして。つぐみ恋愛相談所の橘つぐみです。
私は2004年から、恋愛の個人相談や、女子力アップセミナーを主催しています。

日々、様々な悩みを抱えた方がいらっしゃいますが、とても多いご相談の1つに
「最初の数回のデートで、魅力的だと思ってもらう会話の方法が知りたい」
というものがあります。

もう一度会いたいと思ってもらうデートのコツは「ルックスが彼の好みである」ことと「会話が面白かった」という2つが、とても大切!
既にデートに誘われているのですから、あなたのルックスは彼好みなわけです。

今回は、気になる相手から「また会ってくれませんか?」と言われる会話のポイントをお伝えしていきたいと思います。

1.日経新聞は、ほどほどでいい

たまに「男性とスムーズに会話をするため」に、日経新聞などを熱心に読む女性がいますが、そこまでする必要はありません!
もちろん、政治や経済の話を何も知らなくて、そのことがコンプレックスになっているならば、読んでもいいでしょう。

しかし、日経新聞の知識は、最初の数回のデートではあまり役に立たないことが多いです。
付き合ってしばらくしてから
「彼女は政治や経済の話もできるんだ」
くらいに、彼に思ってもらえればいいのです。

2.いったん受け止めてからコメントする

「相手の男性が投げてきた言葉に対して、必ずいったん受け止めてから、正確にコメントする」ことに集中してみてください。

男の人がクルマの話題を振ってきたとします。そのときは、その話題にコメントをして、話をふくらませるようにしましょう。

男「週末はドライブするんですよ」
女「へえ、そうなんですか。何のクルマに乗っているんですか」
男「ロードスターです」
女「ロードスターってどんなクルマなんですか」
男「オープンカーなんです。風を感じて走るときもちいいんです」
女「風を感じて走る・・・。かっこいいですねえ」

3.話を流すのはNG

「会話が続かない」と悩む女性で、こんな感じで話す人がいます。

男「週末はドライブするんですよ」
女「(話を流してしまい)、会社はどちらですか」
男「○○生命保険です。けっこうきつい仕事ですよ?」
女「(話を流してしまい)、日曜日は何してるんですか」
男「・・・(なんか一問一答みたいだな)」

ちょっと大げさな書き方をしてしまいましたが、話を流しすぎてしまうんですよね。

「聞きたいこと」を聞くのではなく、「相手が話したいこと」を聞いてあげるクセをつけるようにしましょう。単純なことですが、これを実践するのとしないのでは、男性の満足感が違います。
もう一度会いたいと思われる確率が、かなりアップしますよ!

4.「倍返し」で、話を3倍盛り上げよう!

もう一つ、デート中の効果的な会話の一つに、倍返しという会話術があります。

男「僕野球好きなんだよね」
女「へえ。実際にやるの、それとも観るのが専門?」
男「観るのが専門かな」
女「そうなんだー。私もよく観るよ。最近は、ジャイアンツを応援してるよ」
男「ジャイアンツかあ。じゃあ球場には行くの?」
女「あんまり行かないかな。でも、行きたいとは思うよ。球場の雰囲気が好きなんだよね」

・・・という感じ。必ずイエス・ノーのあとに感想を述べて、話を膨らませていますね。こういうのがいいのです。

男「僕野球好きなんだよね」
女「へえ、そう」
男「観るのが好きなんだけどね」
女「ふーん。そうなんだ」
男「球場には行ったことある?」
女「あんまり行かないかな」
男「・・・(話題がなくなってきたよ。なんか盛り上がらないなあ)」

・・・これでは会話が盛り上がらず「自分といて楽しくないのかな?」と、男性がガックリしてしまいます。

おわりに

倍返しは、会話に限ったことではありません。
男性が自分に親切にしてくれたことは、倍返しするつもりで行動すると、ポイントがかなり上がります。(なぜなら、それができる女性は少ないから)

そこまで親しくない場合、会話は必ず付加価値をつけて返してあげると喜ばれます。
デートが盛り上がるかどうかは、こんな単純なことだったりするのです。

(橘つぐみ/ハウコレ)