2014.09.21

【夢占い】見ると災いを招く夢・4つ


「手」が現われる夢や「穴」の夢など、夢を見た人自身の死や、災いの前兆になると言われている都市伝説的な夢があります。高齢の方の夢の鑑定経験から、これらは予知夢ではなく、病気や老衰などによって急激な身体の変化が起こっている人や、死期が迫っている人が見る夢がほとんどだと考えます。
自分の体が思い通りにならない状況や、人の手によるケアを受ける機会が増え、体力が消耗していく状況を、「手」や「穴の中に埋められる」といった象徴的なイメージで表しているように思います。

ただ、夢のシンボルの中には年齢や身体の状況に関係なく、本当に自身の災厄の前兆になる予知夢があります。そんな事例のいくつかを紹介します。

おんぶ・誰かに背負われている夢

ある男性の事例ですが、何日か連続で、亡くなった祖父母が無言で現われる夢を見た時期があったそうです。夢の最後には必ず祖父に背負われ、自身はその背中で激しく泣き続けていたそうです。
それから一か月後、彼は仕事中に大きな事故に遭い、一命はとりとめたものの後遺症が残るほどの大怪我を負いました。故人に背負われる夢は、基本的に自身の無力化、運気の急激なダウンのみならず、先々に起こる災厄を霊的に警告しているものになります。また、家族や恋人に背負われている夢も同様、身近な人間関係にまつわる災難の予兆になることがあります。

傷ついた猫の夢

体が大きく裂け、ひどく傷ついた黒猫が近づいてくる夢の相談をある女性から受けたことがあります。もしも体のどこかに異常を感じていたら、すぐに病院で精密検査を受けるようアドバイスしたところ、数週間ほど経ってから、小脳梗塞の診断結果が出たという報告を受けました。早期発見だったので通院によるケアで済んだそうです。
このように、猫や可愛い小動物が傷ついている夢は、自身の重大疾患の予兆になっていることがあります。また、手足を怪我した猫なら、あなたが大切にしているものの破損や損失を暗示し、特に女性の場合は不注意による事故や怪我にも要注意です。

ガラクタ・ゴミ・砂の山の夢

ガラクタやゴミ、または砂の山に寝ているなら、現在の健康や生活状態にかかわる重大な警告夢になることがあります。寝ている人が家族や友人なら、彼らの健康状態のネガティブな変化を伝えていることがあります。また、登っているガラクタや砂の山が崩れる、そこから自分自身が滑り落ちる夢も警告のレベルが高く、自身の現状の生活の破たんや失敗を暗示することがあります。

首のない人物の夢

首のない人物を見る夢は、現状の地位・ポジションを失う予兆になることがあります。現在の生活基盤や境遇の急な変化を暗示し、強い警告夢になっています。自分の首が落ちる、または探す夢も同様に、現在の境遇や環境の変化、人との関わり方の変化を暗示します。
ある大学生の事例ですが、自分の首がごろりと地面に落ち、大慌てでそれを拾おうとする夢を見てまもなく、すでに決まっていた会社の就職内定が世界的金融危機の影響で突然取り消されたそうです。

災いと夢

その夢を見ると災いを招くと言うと、まるで災厄を招いてしまう呪われた夢のように思うかもしれませんが、本当は何らかの危険を自身の感受性で受け取り、それを特定のイメージで表したものになります。
このタイプの夢が現実になることを回避するのは不可能ではありませんが、運命的なものを変えるのも難しいのが現実です。ただ、危険を察知し、自身の感受性のアンテナで予感できているということは、無意識に突然の災難を最小限の状況に抑えることができているということかもしれません。

(梶原まさゆめ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事