2014.09.22

【職業別男性攻略法】弁護士の彼をオトす方法


仕事柄、浮気相手を慰謝料請求で訴えることはあっても自分は浮気なんて決してしなさそうなイメージがある弁護士。ところが、実は自分自身の浮気も多い弁護士。
やはり、国家資格を持っていて高収入のイメージがあって女性からは大人気。誘われる機会も多いそうです。弁護士の奥様からの浮気調査も受けてきた元女探偵の筆者が、弁護士と付き合う・結婚するためのテクニックをお話しします。

1.忙しさを理解する

弁護士は法律事務所の事務員や秘書と結婚するケースがかなり多いです。というのも、忙しすぎて出会いがないからどうしても職場結婚が多くなるようなんです。そして、職場内で浮気をするケースも多い。結婚相手も不倫相手も女性弁護士、というケースはけっこう多かったです。これには、理由がいくつかあります。
まず、時間が不規則すぎて家庭生活が疎かになりがち。ずっと一緒にいる職場の人と比べると、仕事の内容を理解できない奥様とは全くかみあわなくなってうまくいかなることも多いんですね。かといって弁護士同士の夫婦の場合、女性が妙に張り合ってしまってうまくいかなくなることも多いそう。
忙しいことを受け入れられる度量があること、彼を立てて一歩引いて従うこと、どんなに忙しくても文句を言わないことなどが求められるようです。

2.語学が堪能であること

弁護士の先生にもいろんなタイプの方がいらっしゃいますが、海外に何年間か留学に行く方も多いです。大手の事務所勤務の優秀な方だと勤務先が留学費用を出してくれたりするので、研修が決まった際にプロポーズして一緒に現地に連れていくパターンが多いそう。
 そこで重要になってくるのが語学力。自分自身が勉強で大変なのに、全く英語ができない奥様の相手はしていられないですよね。エリート弁護士をつかまえたいと思ったら、英語力は必須だと思った方がいいでしょう。

3.礼儀作法をしっかり身につける

みんながそうとは限りませんが、弁護士になるような男性は実家も裕福であることが多いもの。そして、親が厳しくて小さい頃からまじめに勉強してきた人も多いので、親の意見は絶対だと思っている男性も少なくありません。ですから、親が気に入るような女性じゃないと紹介できないと考えるんですね。外見が清楚であることなどはもちろんですが、お箸の持ち方や言葉遣い、目上の人の前で恥ずかしくない振る舞いができるかどうかということもしっかり見ています。

4.新聞を読む

言うまでもありませんが、彼らはとても頭がいいです。合コンなどで出会っても会話が全然噛み合なければ恋愛対象には見てもらえません。会話にある程度の知性は求められるので、もしあなたが普段新聞などを全く見ていなかったとしたら日経新聞を読むところから初めてみるのもいいでしょう。

おわりに

どうしても真剣に弁護士とお付き合いしたいと思ったら、弁護士事務所で働く事。法律の知識を要求される事務員は無理でも、受付や秘書を目指すのが案外1番の近道かもしれません。

(上岡史奈/ハウコレ)

関連記事