2014.09.23

【七曜星風水】情熱的な恋愛をしたいなら「火星パワー」を使おう


星のパワーを最大限に引き出して運気アップを目指す「七曜星風水」。
今回は、「火星」に対応したファッション&メイクについて、お話しします。

あなたは「燃えるような恋がしたい」と密かに願っていたり、「好きな人と色っぽい雰囲気になれなくて」と悩んでいませんか?
情熱と活気をもたらす〈火星パワー〉をチャージして、熱い恋愛をしましょう!

1.火星のパワーって、どんなパワー?

〈火星パワー〉のシンボルは、「血気盛んな男性」。
エネルギッシュな男性ならではの、みなぎる力・あふれる情熱・抑えきれない激しい性欲を表しています。

また、火星は恋愛の星でもありますが、清らかな仲ではなく、深い情緒をともなうセックスで結ばれた男女の仲を示します。愛しあう二人が、むさぼるように相手を求める時に働く引力や、奥深い快楽で強く結びつける力こそ、火星のパワーなのです。

そんな火星のカラーは、燃え上がる炎の赤。精力・活力・行動力・攻撃力・積極性・勝負強さ…などを意味する色です。

風水で火星のパワーを取り込んで、彼の前で情熱的にふるまえるようになりましょう!

2.ラッキー・ファッション

〈火星パワー〉を受け止めやすい服は、赤系統の色のスポーツ・ウエア、またはイブニング・ドレス。
昼は、スポーツ・ウエアでアクティブに。でも夜は、肌を露出したドレスで大変身! 
そういうサプライズが、たまらないセクシーさを感じさせ、男性の征服欲を駆り立てるのです。

服の布地は、火星の力をストレートに示す赤の無地が吉。夜にドレスアップする時は、ややダークな色あいの赤が、内に秘めた情熱を表すでしょう。
柄モノを着たいなら、キャンドルや花火など火をモチーフにした柄か、クマ・タカ・サメ・ハチといった鋭い爪や牙や針をもつ動物や虫、またはサボテンやアザミやみたいにトゲのある植物の柄を。情念を思わせる真っ赤なヒガンバナの花柄もGOOD。

これらの色や柄は、火星ならではの燃え上がる恋心を表現しますから、二人の仲は急接近するでしょう。

そして最後の仕上げに、火星カラー・赤のパンティをはきましょう。文字どおり“勝負下着”ですね。ベッド・インした瞬間、彼のテンションが上がること、うけあいです!

3.パワーアップ・ポイント

パワフルな服に負けない、目立つ小物やアクセサリーが運気を高めます。

帽子・カチューシャ・ティアラ・バレッタなど、頭部につけるモノがラッキー。
〈火星パワー〉がやどりやすい赤い石や、鉄製品が使われているモノを選びましょう。たとえば、ガーネット・紅メノウ・ルビーなど。また、高価な本物の宝石に限らず、赤いガラスやビーズなどのパーツ、ピンズやワッペンなどでもOK!
火星の金属である鉄やステンレスの地金に、赤いパーツをはめ込んだデザインもおすすめです。

メイクのポイントは、目力を強調すること。焦げ茶か黒のアイラインをクッキリ引いたあと、火星カラーの赤いアイシャドーをつけます。真っ赤なシャドーを使う、舞妓さんのアイメイクを参考にしてください。アイラッシュ(つけま)は、パワフルにカールするモノを選ぶといいでしょう。

4.ナイス・アクション

情熱が高まるのは、なんといっても〈火星パワー〉最強の火曜日です。しかも、火星は夜の惑星ですから、夜のデートへと彼を誘いましょう。

恥ずかしがったり、控えめになりすぎてはダメ! 火曜の夜のデートは、大胆かつダイレクトに、最初から一夜を共にするつもりで出かけなくては。いいムードになった時の決めセリフも、そのものズバリ「キスしてみない?」「あなたと1つになりたい」などと言い切ることです。

おわりに

好きな人との燃えるような恋愛を、ただ夢見たりあこがれているだけでは、いつまでたっても現実化しません。だからといって、〈火星パワー〉は、ひとつ間違えると攻撃的になりすぎたり、相手にエグい印象を与えてしまう可能性があります。

そんな事態を避けるためには、自分のことばかり熱く語ったりしないで、むしろ聞き役に回って彼の話をよく聞きましょう。
セクシーで情熱的なのに、自分をやさしく受け止めてくれる女性に、男性は魅力を感じるのです。

積極的かつ、かしこく〈火星パワー〉を取り入れてくださいね!

(隆速治沙/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事