2014.09.28

マヤ暦&数秘でみる「10月の運勢」


マヤ暦とは古代マヤ文明の高度な天文学や数学を駆使し、自然のサイクルに同調した暦です。13の「宇宙の銀河の音」を数に表し、「心の暦」と呼ばれる顕在意識と潜在意識を色で表したものを組み合わせていました。

シンクロニシティを起こす

私たちは自然の一部でありながら、それを忘れ、自ら生きにくくしています。マヤ暦も数秘も宇宙からのメッセージを数で表したもの。心のみでなく現実の仕事や人間関係などにも活かせます。
全体の流れをマヤ暦から、そしてメッセージを誕生月ごとの数秘から受け取ってみてください。

10月の銀河の音

10月スタートの銀河の音は「6」で「平等な組織」という意味。キーワードは「尊重」です。

時期的な流れ

9月21日から10月3日までは愛情と信頼を確かめる時期。
10月4日から16日までは反省と変化・成長の時期。
10月17日から29日までは人の気持ちを理解できる共感の時期。
10月30日から11月11日までは前向きで情熱的に進める時期。

(1)10月3日までは、「白い世界の橋渡しの13日間」(橋渡し、死と再生、ゆだねる)
気持ちが揺れやすい時期。コミュニケーションや恋愛もぶれていては上手くいきません。周りに振り回されず、自分の心が正しいと思うことに従って行動を。

(2)10月16日までは、「青い嵐の13日間」(理解、把握、癒し)
「前向きさ」を忘れず、自己否定をしないようにしましょう。周囲の状況に振り回される場面もありそうですが、思い通りにならない経験をすることで、自分の考えにしがみつかないように自然に変化していくのです。

(3)10月29日までは、「黄色い人の13日間」(自由意志、こだわり、道)
人の気持ちを受け止めてあげましょう。客観的に見ることができれば、周りのためにあなたのリーダーシップを発揮できそうです。

(4)11月11日までは、「赤い蛇の13日間」(血と情熱、本能、コントロール)
自分の気持ちに正直に行動できる時です。直感と情熱に従うと正しく前向きな道が開かれます。大きな変化のために引越しや転職などする人もいそうです。

数秘:誕生月別ワンポイントアドバイス

☆1月生まれ
直感が冴えて何でも上手くいきます。穏やかで楽しく過ごせそうなひと月。

☆2月生まれ
家族や友人関係で忍耐を強いられます。あまり妥協しない方がいいでしょう。

☆3月生まれ
家族のわがままに振り回されそう。少しの間の我慢です。

☆4月生まれ
焦りから失敗をしそうです。じっくり考えて行動しましょう。

☆5月生まれ
流れに逆らわないこと。部屋の掃除をすると運気アップになります。

☆6月生まれ
バイオリズムが下がりそう。ゆっくりお風呂につかりましょう。

☆7月生まれ
いい人であろうとして友人に嫌われそうです。正直になりましょう。

☆8月生まれ
家の中を整理整頓するといい時期。気持ちの整理がつきそうです。

☆9月生まれ
予定外のことが多く、忍耐が大切なひと月。

☆10月生まれ
家庭で思いがけないことが起きそう。直感力が救いになります。

☆11月生まれ
「信頼して思い切る」が今月のテーマ。温泉旅行など癒しの旅がお勧め。

☆12月生まれ
行動的になれるひと月です。優先することから行動しましょう。

おまけに

マヤ暦では10月1,22,30日は「拡張の日」。1日はこれからの計画に、22日は恋愛に、30日は仕事に関してのチャンスが広がります。宇宙の音に耳をすませてシンクロニシティを呼び寄せましょう。

(数野ギータ/ハウコレ)

関連キーワード

関連記事