2014.09.28

片想いの男子に「エッチに誘われるために」女子としてやるべき5つのこと


片想いの男子にエッチに誘われるノウハウを知っていると、「もう本当に関係が進まない!」「体からでもどうにか始められないか…」といった最後の手段に使えると言えます。もちろん、片思い相手でなくとも、「この人とエッチしてみたいな」という肉食女子的味見だったり、「この人をセフレにしたいなー」という時の切り札にもできます。今回は「誘われるノウハウ」をおおいに活用してきたという女性たちに片想いの男子にエッチに誘われるために女子としてやるべきことについて、お話をお聞きしてきました。
さっそくご紹介しましょう。

1.彼の話を否定しない

「エッチに誘うまで、何回か会話をすると思いますが、会話の中で片想いの彼の発言を否定しない。これが大前提です。同意できないことであっても、すべて『うん、うん、わかる~』というかんじで同意しておくといいです」(22歳/アパレル販売)

こちらは恋愛に限らず、人に好かれる大前提ですよね。若いと、「人に媚を売る」のと「同意しておく」ことの違いがわからないかもしれませんが、同意は「一応しておけばいい」ものです。

2.下ネタに乗ってみる

「たいていの男子は、エッチに誘う前に、トークの中に下ネタを仕込んできます。下ネタにノルふりをしておくと、男子は女子をエッチに誘いやすくなります」(23歳/病院事務)

こちらも定番のノウハウかと思いますが、下ネタトークでノリが合えば、当然、彼はあなたのことをエッチに誘いやすくなりますよね。

3.「終電を逃してもぜんぜんOKだから!」

「特に女子は『エッチの言い訳』がほしいですよね。ちょっと魔が差したからエッチした……みたいな言い訳です。男子も同じで、女子が**と言ったからエッチに誘ったという情報があればあるほど、エッチに誘ってくれるものです」(21歳/飲食)

終電がなくてもぜんぜんOKとか、先月引っ越したばかりで淋しいからとか、いろんな「言い訳」を男子にそれとなくぶつけてみると誘われやすくなるということです。

4.頻繁にチラ見する

「こちらは合コンなどで使えるテクニックです。気になる彼のほうを頻繁にチラ見してみましょう。見られたほうは気になります。見ている女子をすごく気にしてきます」(20歳/大学生)

好きも嫌いも同じ、という理屈に似ていますよね。好きも嫌いも「相手のことを意識している」わけで、「意識させる」と、恋愛は大きく前に進むというのが鉄則です。

5.肩を露出した洋服を着る

「誘われたいのであれば、ちょっと無理をしてでも、露出をしてみるといいです。男子の誘い方が激しくなります」(22歳/保育士)

こちらも、男子に媚びるということではなく「一応、露出しておけばいい」ということです。男子はエッチに誘うまでに、「自分の気持ちを『それ用に』高めておく」という心理状態を経験します。「それ用に気持ちを高める」のに、女子の露出多めの洋服は、非常に助かるものです。

おわりに

いかがでしたか?
経験豊富な(?)女性ならではの、ロジカルなご意見が5つ出てきました。自分が欲しいものを手にするときは、それが恋愛であれ仕事であれ「相手のことをよく知ったうえで、相手が欲しがっているものを少し提供すれば」いいわけです。
ぜひご紹介したテクニックを活用して、片想いの男子に誘われてみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事