普段は無愛想なのに?好きな女性だけに送るLINEメッセージの特徴・5選


LINEを普段は連絡手段として使う男性が、気になる女性にはまるで別人のようにコミュニケーション手段として使うことがあります。今回は、好きな子に対しては積極的にLINEを使う男性の特徴を5つ紹介しましょう。

1.返信が早い

「基本的に連絡取るのは遅いけど、好きな子相手だったら返信がかなり早くなる。俺が数分でLINE返すのは好きな子だけだと思う」(20代/専門学生)

基本的に返信するのがメンドウだというのに、気になる異性が相手だと分かりやすいですね。ほかの人には返信が遅いのに、自分だけは連絡が早いと特別感も感じられて嬉しいところ。普段連絡が遅い男性の返信が早い場合は期待してよいでしょう。

2.会話を続けようとする

「LINEはほとんど事務的な連絡手段ですが、気になる相手だったらコミュニケーション手段になります。だから、自分で不器用ながらやり取りが途絶えないように試行錯誤してるなぁって感じますね」(25歳/SE)

一生懸命会話しようとするところにキュンときますね。男友達やほかの女性には素っ気ない短いやり取りなのに、自分だけ長いやり取りを続けてくれるとなると「ほかの子よりもリードしてる!」という気持ちになれてやる気もでてきます。

3.意味もなく連絡

「気になってる子だと、なにしてるのかも気になる。そしたら自然とメッセージ送りたくなる。それで連絡が返ってきたら一回一回わりと嬉しい」(27歳/専門職)

気にかけてもらっている感じが出て嬉しいですね。あまりにも頻繁に来るようだと少し怖いですが、普段こういったメッセージを送らない男性であれば適度に送ってくれることでしょう。気まぐれにふと送ってきてもらえたら、なんとなくの話でも花が咲きそうですね。

4.毎日電話

「LINEで毎日電話したくなるってよっぽどじゃないですか。けど、自分はそれをやるタイプなんですよね。相手に好意が伝わりやすいと思いますけど、ぜんぜん気にならないです。電話したくてしてるんで」(24歳/クリエイティブ系)

これは非常に積極的なアプローチですね。本人はラブコールのつもりではないかもしれませんが、非常にアグレッシブです。一番分かりやすい好意の伝わり方といえるでしょう。女性の都合を考えて連絡をくれれば最高ですね。

5.今まで使わなかったのに、スタンプを使い始めた

「友達にはぜんぜん使わないですね。けど、やっぱりスタンプ使ったら盛り上がるなってのは分かります。使ってみるとそれが分かったっていうか」(10代/学生)

スタンプを使わない男性は少なからずいます。そんな男性がスタンプを使ってくれるだけでも嬉しですが、男性自身がスタンプにこだわった場合はクスリときそうですね。その人の意外な一面がスタンプから感じられるかもしれませんよ。

おわりに

普段無愛想な感じのLINEトークの男性が、自分だけにはなんとなく温かみを感じられるのは特別感もあって嬉しいところです。男性の普段のLINEの使い方を知っていれば、男性の好意にも気づきやすくなるでしょう。LINEで男性から連絡がきたら、周りの友達に話を聞いてみるのがいいかもしれませんね。

(大西薫/ハウコレ)