2014.10.02

照れ屋さん必見!すぐにでも出来るモテテク・4選


「好きな人がいるけど、恥ずかしくってなかなかアタックできない・・・」なんて人、いないでしょうか。確かにアタックするのって、妙に意識してしまって出来ないこともありますよね。「『ボディタッチで距離をつめる』なんて言われたって、恥ずかしくってできない!」そんな照れ屋さんも多いと思います。そこで今回は、男性から聞いた「つい意識してしまった」「思わずキュンとしてしまった」瞬間を参考に、照れ屋さんでも出来ちゃうモテテクを紹介したいと思います。

1.相手とシンクロさせる

「ある人と、普通に話してたんだけど、その人とすごい会話がはずんで、俺が好きなもの何でも好きだったし、すごい気が合うなって思ったら、つい意識し始めちゃってました。」(21才/学生)

好きなご飯をたずねて、相手が言ったものに「私もそれ好き!」だったり、好きな芸能人をたずねて、相手が言ったものに「私もそれ好き!」だったり・・・。とにかく相手の意見に「私も~」と合わせるんです。そのうち彼は「こんなに気が合うなんて、もしかしたら運命の人なのかも・・・」なんて思ってくれるかもしれません。カップルであれば、彼から電話が来たときなどに、「今ちょうど私もしようと思ってたところなんだ!」と言ってみてください。彼はきっと喜んでくれるはずです。

2.小さな秘密を明かす

「ある女性とデートしてたんですが、その女性が『実はね・・・』って言って、ちょっとした秘密を明かしてくれました。最後に『○○くんにしか言ってないから、絶対誰にも言わないでね!』って言われて、なんだか俺だけ特別な気がしてきゅんとしました。」(23才/学生)

あなたの小さい秘密をばらしてみましょう。たとえばちょっと前にした失敗の話だったり・・・。いきなり大きい秘密をバラされてしまっても、相手はただただびっくりしてしまうので、あくまでも小さくて可愛らしい秘密にしましょう。

3.会話を楽しむ

「やっぱり、聞き上手って言うか、俺の話を楽しそうに聞いてくれる子はすごいいいなって思う。「それでそれで?」って感じで、前のめりに聞いてくれたら、俺も嬉しくなっていっぱい話しちゃうかも。」(27才/美容師)

楽しい話をするのは、照れ屋さんにとっては難題ですよね。しかし、話を聞くことだったら、あなたにだって出来るはず。「ふーん、それで?」という態度をとらないように、にこにこしながら、相手の話を興味津々に聞きましょう。そうすれば、会話もおのずと盛り上がってきて、良い雰囲気になるはずです。

4.LINEで名前を呼ぶ

「LINEで、名前呼ばれるのすき。なんか嬉しくなるし、可愛いなって思う。」(19才/学生)

あくまでも照れ屋さんですから、普段苗字で呼んでいるのにいきなり下の名前を呼べ、と言うわけにはいきませんよね。しかも、いきなりいつもと違う名前で呼ばれてしまっては、相手も動揺してしまうでしょう。ただ、LINEで用事を言う前にいつも呼んでる名前を書けば良いのです。「○○!何とかのことなんだけど~・・・」みたいな感じで。

おわりに

いかがでしたか?照れていつも行動が出来ないというそこのあなた!大胆に動くことは勇気がいりますが、これくらいなら、少しの勇気があれば出来るはずです。失敗を恐れないで、前に進みましょう。

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事